スポンサーサイト

Posted by yukon780 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

激流どうでしょう第2夜〜渦巻ダッチナイト〜

Posted by yukon780 on 11.2012 那賀川/徳島 0 comments 0 trackback
IMGP0081.jpg

死国、激流どうでしょう第2夜。

前回は天に翻弄され続け、ひたすらお日様求めて大移動して来た腰痛野郎。

那賀川最大の難所「赤石の返し渦」を目の当たりにし、絵に描いたように怖じ気づくマゾ5人。

死国の激しい入国審査が始まった。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


すっかり怯えた小動物達の井戸端会議が続く。

幾度も「行くのか?」「やめるのか?」の議論が交わされ、「いっそさらに南方の日和佐川なんてどうだろう?」という案も飛び出す。

確かに日和佐川は増水時にのみ下れる川なのでアリなんだが、発着ポイントの情報が全くない。

行ってダメだったら完全に今日一日をロストしてしまい、我々はただの「移動マニア」で終わってしまう可能性がある。



いよいよ覚悟を決めて濁流の那賀川下りの準備を進めた。

大増水の那賀川だったが、危険水位に達していない事と、道路からの下見で僕らでも行けると判断した。


もちろん、レスキューロープのテストにも余念がないB旦那とバターN。

IMGP7138.jpg

しかしこのロープは、来月誕生日を迎えるバターNの為に本日B旦那がシークレットで用意したプレゼント。

この時が初お披露目なので、当然いまいち使い方も分からない。

出来る事なら絶対にこいつの出番がない事だけを祈ったが、僕の脳内妄想スクリーンにはこのロープで救い出される僕の映像だけがとてもリアルに繰り返し流されていた。

なんだか凄く不安だ。

僕らは楽しむ為にわざわざここまで来ているんだが、何だろうこの悲壮感は?


しかし、ここに来てやっと「光」が差し込んで来た。

晴れて来たのだ。

IMGP7141.jpg

僕のひとり陽動作戦が成功したのだ。

穴吹川に行くと見せかけてからの那賀川大移動に、奴らも不意をつかれた格好だ。


僕だっていつまでもやられてばかりじゃないぞ。

しかし、その晴れた事への代償として「増水」「濁流」「強風」を受け入れなければならない。

いたしかたあるまい。

すべてを望めるほど、僕はまだ天に愛されてはいない。



さあ、もう覚悟は決まったぞ。

出発の記念撮影をして、豪快にこの川をねじ伏せてやろうじゃないか。

IMGP7143.jpg

でも、この時地元のおっさんが通りかかり余計な一言を吐いていった。

「普段より3mは増水してるけど本当に下るんかね?一度落ちると随分先まで水中から抜け出せんぞ。そりゃあ、恐ろしいぞ。死んでまうで。」

やっと心を決めてこれからプロポーズしようって奴に、「あの娘他に男がいるんだぜ」って囁くようなこの仕打ち。

再び決意が揺らぎ出すチキン戦隊の五人。

しかしまだ初日で元気がある状態なので、那賀川さんへ撃沈覚悟のプロポーズ決行の意思は変わらない。



我々は地獄への一本道を降りて行く。

IMGP0023.jpg

IMGP0027.jpg

今回はB夫妻の「トムキャット」の記念すべきデビュー戦だ。

バターNのセビラーと僕のゴエモンとで、赤・黄・青の信号カラー艦隊が完成。

赤は何となく危険な雰囲気だが、考えようによっては「突き進め」の青(僕のやつ)が一番危険なのかもしれない。


それでもやっぱり今回初のカヌーだし、天気もいいからテンションは自然と上がって行く。

IMGP0029.jpg

IMGP0032.jpg

僕もこれから戦いに挑む男らしく、実に良い笑顔をしている。

しかし、この時点でなんと僕の尻に「火」がついた。


何故か急速にケツの辺りが熱くなって行く。

一体何事が起こっているのだ?

だんだん火傷しそうなくらいにヒートアップして行く僕のケツ。


思い出した。

僕は腰痛を抑える為に「温熱シート」を腰に貼っていたのが、そのまんまだったことを。

水を吸った温熱シートが、一気に発熱を始めていたのだ。

このままでは間違いなく低温火傷してしまう。


あんなに張り切って出発の写真を撮った直後に撮影された、そんな白豚の情けない写真がこれだ。

IMGP0034.jpg

必死でケツ周辺を洗う男。

まさかこの段階で「沈」してしまうとは微塵も思っていなかった。

当たり前だが、もの凄く水は冷たい。

急速に温めて、急速に冷やされた僕の腰はとてもコシのある腰痛になった。

激しいぜ、那賀川。



気を取り直して、ついに濁流へ乗り出した。

IMGP0046.jpg

水面が盛り上がっている感じがお分かりだろうか?

しかし怖くてこっちの気分は盛り上がらない。

凄いスピードで流されて行って、漕がなくてもいいくらいだ。


でも慣れて来ると、中々心地よかったりもする。

何と言っても晴れているし、四国ならではの懐の深い景色が広がって行く。

IMGP0058.jpg

IMG_0427.jpg

スリルと快感を味わって、やっと「四国へようこそ」って雰囲気になって来たぞ。

下ってる最中は気が抜けないが、上陸すれば皆自然と笑顔がにじみ出る。


僕らが選んだ区間はそんなに大きくて嫌らしい瀬がないから、流れに慣れてくればこんな濁流でものんびり漂える。

IMGP0066.jpg

IMGP0068.jpg

IMGP0069.jpg

IMGP0077_20120510160358.jpg

ううううああああ。

晴れるって楽しい。

やっぱり風が吹こうが濁流だろうが、お日様に当たっているだけでカヌーツーリングはお宝体験だ。

晴れていれば、多少の不幸は受け入れられるよね。(※この二日後にこの言葉は撤回される)


この川のいつもの状態がどんなかは全く分からないが、何だか凄く楽しい。

IMGP0074.jpg

一時は恐怖の眼差しで見たツンデレ女の川だったが、いざ懐に飛び込んでみればこのような優しくてグッと来る仕草を披露してくれる。

マゾ心をよぅく理解してらっしゃる。


やはり、何事も挑戦してみないといけないな。

僕の嫁の心の中の川にも、ひょっとしたらステキな「優しさ淵」が潜んでいるかもしれない。

しかし何度嫁川に飛び込んでも、今の所激流は地平線の彼方まで続いて見える。

その濁流っぷりは那賀川の比ではない。



その後、ゴール手前にあった支流の流れ込みを遡上してみた。

IMGP0083.jpg

IMGP0088.jpg

恐らく通常時であれば相当なクリアウォーターだった事は間違いない中々ステキな空間で、そこに架かる橋もいい雰囲気を演出していた。

こういう「寄り道」ってのはとても心を穏やかにしてくれる。

もうゴールもすぐそこだし、我々はすっかり油断していた。

ついに「渦潮三回転」がダッチャーSとバターNコンビに襲いかかる。



この支流の流れ込みと、ゴールの川原の間にひとつの瀬があった。

IMGP7151.jpg

これは後に撮ったもので、ガイドマップにも記載されていない名もなき瀬。

恐らく増水時にのみ現れるであろう瀬かもしれない。


支流の遡上を堪能し、すっかり気分はウィニングランの余裕で流れて行く何も知らない5人。

先頭を行くのは、青い弾丸「マゾ川ゴエモン」。

その瀬に近づくにつれ、僕の顔から瞬く間に笑顔が消えた。


僕の眼前に巨大な隠れ岩が現れ、そこに乗り上げるように盛り上がった水流を越えて行くとガツンと落ち込んで落下した。

そしてその先は渦やバックウォーターが乱発して凄く複雑な流れで、水流も凄まじい勢いだ。

正直余裕こいていた事と予想外に激しい瀬だったことで、僕の狼狽っぷりはハンパなかった。


僕はなんとかゴエモンを駆使してその瀬を突破する事に成功したが、これは危険だ。

早く後続の奴らに知らせなきゃいけないんだが、その後の流れも凄く早くて複雑なので振り向くことが出来ない。

僕は全力漕ぎでかろうじて岸に辿り着き、振り向いた時にはすでにB夫妻が瀬を乗り越えていた。

IMGP0099_20120510160924.jpg

なんとか漕ぎ抜けたようだが、二人の顔が硬直している。

後にB旦那が「B女房が弱気になるのを初めて見た。」と語ったように、彼らも瀬の突入直前で異変に気づき真っ青になりながら下って来たようだ。


僕は二人の無事を確かめ、ホッとしてからさらに後続のダッチャーS&バターNのダッチバターコンビを見た。

そこには何とも凄惨な情景が展開されていた。

なんとダッチャーSが転落し、渦に翻弄されているではないか。

IMGP0100.jpg

写真では何が何だか分からんが、目撃した僕も何が何だか分からない。

後で聞いた事だが、落ち込みの後に「渦」に捕まった彼らのカヌーは、その場で渦巻き花びら三回転。

このままではバランスを崩して二人とも犠牲者になると判断したダッチャーSが、自ら渦に転落。

そんな涙ぐましい自己犠牲によって、ついに大回転から脱出したという。


僕はすかさず救助に向かおうとするが、ダッチャーSが自力で再乗艇して漕ぎ下って来るのを確認出来たので安心した。

しかし、その後にバターNの悲痛な叫び声。

彼の視線の先に、ダッキーを膨らます為のポンプが無情にも流されていた。

僕は再びゴエモンに乗船してポンプの回収に向かおうとしたが、凄まじい逆流で漕いでも漕いでも後ろに進んで行くというていたらく。

もちろんバターNがバースデープレゼントの救助ロープを投げた所で、彼のポンプがロープを掴むことなどない。

我々はバターNのポンプが流れて行くのをただ呆然と見送る事しか出来なかった。


完封勝利目前で、まさかの逆転満塁サヨナラ押し出し危険球退場。

ゴール直前の心の隙間にまんまと付け入られてしまった。


なんとか無事にみんなゴールして、それぞれに恐怖体験を語り合う。

IMGP0103_20120510161058.jpg

どんな怪談話よりリアルに怖い「ついさっきの出来事」。

ダッチャーSに至ってはほとんどカヌー経験がないのに、早くも「渦に巻かれる」という難易度の高い技を完成させて非常に興奮している。


清流を楽しみにはるばる横浜からやって来た彼らに対し、この濁った激流の川をご提供したのは僕だ。

「誰だこんな川を選んだのは?」という彼らの怨嗟の声が聞こえて来るようで申し訳ない。

まあ、そもそも僕を誘って来た時点でこの程度の覚悟はしてしておいてもらいたい。と、開き直る僕。


改めて事件の現場検証。

IMGP7154_20120510161549.jpg

この名もなき瀬は、今後「ダッチバターの瀬」と呼ぶ事にしよう。


全く清流ではなかったが、恐らく忘れられない思い出となった事だろう。

これこそ一味違った旅を提供するツアー会社「マゾツーリスト」の真骨頂。

IMGP7158.jpg

基本的に今回の参加者は選ばれたマゾ揃いなので、大満足の那賀川濁流ツーリングとなったようだ。

中々初日にしてはハードな内容だったが、素晴らしい一日だった。


これがeTrex20の「那賀川濁流の軌跡」でございます。


より大きな地図で 那賀川 を表示


そして、我々は那賀川を後にして再び移動マニアへ。

IMGP7159.jpg

さようなら、那賀川さん。

今度来る時は「通常」のあなたに出会いたい。

今日の君は少々厚化粧が過ぎたようだね。

全く可愛くなかったけど、とっても面白かったよ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


実はこの五人。

このハードな一日を、実はおにぎり1個で乗り越えて来ている。

昼メシを食う時間も、昼メシを食う場所もなかったのだ。


もう時間は夕方4時。

向かった先はやはりご当地もの「徳島ラーメン」だ。


一見、営業中とは思えないほどの閑散としたラーメン屋の入口。

IMGP7160.jpg

しかし、一度中に入れば大人数の客で溢れ返る。

IMGP7162.jpg

ここは徳島ラーメンの有名店「いのたに」。

このラーメンの味は実に僕好みでスペシャルヒットした。

IMGP7166.jpg

まあこれだけの空腹状態で食えばなんだってウマいんだが、あれだけの激闘の後だけにハンパなくウマかった。

ダッチャーSに限っては「生きてこうしてまたラーメンが食べられる幸せ」を噛み締めながらだったので、そのお味のほどはまさに「命」の味だったろう。


続くご当地グルメお遍路。

大判焼きの名店「あたりや」にて極上の大判焼きを購入。

IMGP7168_20120510162002.jpg

IMGP7174.jpg

いいねえ。充実してるねえ。

後は温泉でのんびりと疲れを癒して、夜の宴に突入するのみだ。


向かった先は「あいあい温泉」。

IMG_0432.jpg

IMG_0431.jpg

ラブホかと思ってしまう安っぽさ全開の温泉だ。

入口では武将の石像が出迎え、温泉内にもゴジラや坂本龍馬などの石像が並び立ち、経営者の卓越したセンスが伺えるスタイリッシュな温泉だ。

色んな意味で「ああ、四国に来たなあ」と思えるホッとする空間。


浴室に入ってみると、あり得ない数の裸の男達が溢れていた。

過剰すぎるこの男密度は、明らかに定員オーバー気味の様相を呈している。

ここは裸祭りの会場なのか?

それとも密入国船のコンテナの中に入り込んでしまったのか?

サウナに至っては、完全に奴隷収容所でサウナの熱気なのか男達の熱気なのかよく分からない。

とてもじゃないがこんなグラディエーター達に囲まれて落ち着く事なんてできやしない。


団体客のムキムキ運動部員から、はしゃいで走り回るガキ共の嵐。

それを見守る坂本龍馬の石像と中世ヨーロッパ調の装飾。

この温泉は、たちまち僕の中の「落ち着かない温泉ランキング」のベスト1に躍り出た。

つい最近、DSY漕行記で行った「家畜&発狂少年温泉」が早くも抜かれてしまった。

これには阿部寛もビックリだろう。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


すっかり温泉で疲れ果てしまったが、なんとか我々は本日のキャンプ地の穴吹川の川原に到着。

IMGP7185_20120510162215.jpg

ここでのんびりと網でツマミを焼いて、ささやかな宴だ。

しかし肝心の「網」をバターNが忘れて来た事が発覚。

ここで僕は出番がないと思いつつ持って来た、焚き火用のホットサンドクッカーを車から引っ張り出した。

買って1年以上経つが、一度も使う事がなかったこのホットサンドクッカーが、ついにこの四国で奇跡の光を放った。


試しにウインナーを挟んで食った所、その奇跡的なうまさに一気にテンションが上がる5人。

大量のエノキにバターかけて挟み込むと「きゅううぅぅ」というエノキの断末魔が聞こえ、そして信じられないうまさのツマミが完成する。

まるで小さなダッチオーブンのようなこの調理法を、いつしか我々は「ダッチ」と呼んでいた。


中でも一番のダッチ使い(たまたま一番近くにいただけだけど)が、このタオラーS改めダッチャーSだ。

IMGP7198.jpg

この食材を挟んで火に投入する際のダッチャーSの恍惚の表情と言ったらどうだ。

僕のホットサンドクッカーも、彼に挟まれる為に生まれたとしか思えないほどの愛称の良さだった。


こいつで挟むものに失敗はなく、ジャガバタですらまるで違う料理となって「パリパリとホクホク」の夢のコラボも実現する。

次第に論点は「どこまで挟めるか」になっていき、様々な名勝負が生まれた。

下の写真は、「ダッチャーS VS 巨大厚揚げ」の一コマ。

IMGP7201.jpg

IMGP7202.jpg

見事に挟まれた厚揚げは、途中の醤油の投入で「ダッチ風焦がし醤油厚揚げ」という絶品料理になる。


その後も絶妙のタイミングでバターNがバターを追加する「追いバター」や、炭を上部に乗せて両面から加熱する「ダブルダッチ」、ダッチを利用してちくわを焼く「ダッチ置き」などの新語が続々と誕生した。

IMGP7193.jpg

すっかり楽しくなってしまい、簡単に済ませて早めに寝ようと思っていたのがすっかり深夜になっていく。

ご覧の出来上がりっぷりが最高のダッチナイトを物語る。

IMGP7200_20120510162514.jpg

もう誰一人目が開いていないえびす顔。

恐るべきダッチパワー。

IMGP7205.jpg

こうして波乱に満ちた「初日」が終わって行く。

初日にしては実に濃い内容の一日だった。


この日の夜、凄い暴風でテントがバタバタ言っていたが僕はあっという間に深い眠りに落ちた。

やっぱり川原キャンプは最高なのです。




〜激流どうでしょう第3夜へつづく〜

IMGP7209_20120510162813.jpg



スポンサーサイト

激流どうでしょう第1夜〜腰痛移動編〜

Posted by yukon780 on 09.2012 那賀川/徳島 2 comments 0 trackback
あれから幾日が経過しただろうか?



張り切って出て行ったGW後半の「四国清流巡り」。

いや、言い直そう。


張り切って出て行ったGW後半の「四国濁流祭り」。


もうGWは終わっているのに、長くブログの更新がされていない。

おかげで「カヌー野郎死亡説」が囁かれ始めている。

今までの読者は「いつかやると思ってたが、ついにこの時が来たか」と戦慄が走った事だろう。


どっこい僕は生きている。

しかし「死んでいた」というのも一つの事実だ。

実はこの数日、僕は心身共にボロボロでとてもブログを更新する気力を失っていたからだ。


一体、男の身に何が起こったのか?

四国でどんな目に遭って来たのか?



四国。

そこは漆黒の死国。

咲き乱れる死臭漂うキーワードたち。

「大雨」「濁流」「増水」「渦」「三回転」「奴隷船」「暴風」「寒風」「冷水」「救助」「激突」「発熱」「無念」「嫁」


今回の旅も、男はしっかりと旅を満喫して来たようだ。

そんな男のステキな旅路を振り返ってみよう。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ついにこの時がやってきたのだ。


5月2日、夕方。

仕事を終えた僕はGW突入の喜びを噛み締めていた。

GWは仕事の翌日から始まるものではない。

仕事が終わった瞬間から始まるものだ。


この日は会社の人達の目線を気にする事なく堂々と車にカヌーを積んで会社にやってきた男。

まさに「心、仕事にあらず」なフライング野郎。

終業のタイムカードを押すと同時に、そのまま職場から四国に向けて僕は旅立って行った。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


悪魔の囁きに端を発した今回の四国遠征。(参考:ファウストの懊悩

出足はいつものようにすこぶる快調なスタートとなった。


まず、僕の「お腰の恋人」が激しく反乱。

ここの所、日に日に酷くなる腰痛がついにこの日に爆発したのだ。

これから徳島まで7時間くらい車を運転しようって時に、非常にキビシい現実。

あまりの辛さに、仕事中に外出願いを貰って接骨院で調整してもらったほどだ。

出発前にして、実に悲壮感漂う手負いのマゾ一匹。

正直、四国まで体が持つ自信がない。


さらにこの日のお昼のニュース。

「四国から東海地方にかけて激しい雨が降るでしょう、河川の氾濫などにご注意ください」って言ってる。

これから東海地方から四国に行って、河川を下る事だけが目的の男に突きつけられた悲しみの事実。

動けずに不本意だったGW前半があんなに快晴続きだっただけに、男のショックは計り知れない。



かつてないほどに、出発時に多大な精神的ダメージを食らってしまった。

さすがは悪魔の囁き四国ツアー。

地獄のモンスターがガッパリと口を開けて待っている気がしてならない。

僕はそれでも四国に向けて突き進んで行った。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


大阪の吹田JCTあたりで、激しい渋滞。

でも、がっつりワンピースのDVDを借りてきているから別に渋滞は苦ではない。

しかし、イタイタの実を食べてしまった僕の腰がついにシャウト。

ついに体内に「バスターコール」が発動した。


早くもノックアウトかと思われたが、歯を食いしばりながらの移動は続く。

ただ車で移動しているだけなのに、額にはジットリと脂汗が滲み出す。


GWって楽しむもんじゃないの?もしくは体をリフレッシュさせる期間じゃないの?と人は言うだろう。

そんな言葉は丸めてベンキマンにでも流してしまえば良い。

僕にとってGWとは「人の体と精神がどこまで耐えられるか?」の人体の神秘に鋭く迫ってみる期間。

楽しもうなんて贅沢な思考回路は、もはや遠い昔に消え去ってしまって思い出せない。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


四国上陸前に天気予報をチェック。

すると、明日からの天気が回復方向に向かっていた。


明日は天気悪いと思っていたから、激流の「那賀川」に行く予定になっていた。

激流ならどうせずぶ濡れになるから、天気良くなくても気にならんと踏んでいた。

でも、天気がいいんだったら清流の「穴吹川」を下っておきたいじゃないか。


早速、横浜から四国に向かっている最中のB旦那に連絡。

協議の結果、そういうことならと予定を変更して穴吹川で集合ってことになった。

こうして僕は四国に上陸すると、そのまま徳島道で穴吹川を目指した。


それにしても、夜12時のこの段階でB旦那達の横浜組はまだ名古屋近辺。

ゾッとしてまう距離だが、彼らも中々のマゾどもだからそれなりに楽しんでる事だろう。



やがて1時頃に、穴吹川近くの道の駅に到着し車中泊。

明日の天気は良さそうだ。

「晴れ時々曇り」の最高のコンディション。

さあ、いよいよ明日からステキな川下りのスタートだ。

僕はワクワクする気持ちを抑えながら、静かに眠りについた。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


朝5時頃、シトシトという音で目が覚める。

おや?

何だろうこのお馴染みの感覚は?

IMGP7090.jpg

おやおや?

天気予報では晴れ時々曇りっておっしゃってなかったかい?

これは「時々曇り」のレベルじゃないぞ。

むしろ雨降ってるじゃないか。


慌てて携帯で天気予報をチェック。

すると僕が寝ていた、たったこの数時間で「晴れ時々曇り」から「曇り後雨」へと驚きの変貌を遂げていた。

なんてことだ。


試しに当初行く予定だった那賀川の天気をチェック。

なんと「曇り後雨」だった予報が「晴れ時々曇り」へと変わっている。

おお、神よ。

天は僕を馬鹿にしているのか?

慣れている事だが、いつまで経ってもこの時に受けるショックは変わらない。



急いでB旦那へ連絡。

幸いまだ四国上陸手前だったから、再度予定を変更して目的地を那賀川へ切り替えた。

那賀川は穴吹川の逆方向なので、僕は雨の中せっかく来た今までの道をまた戻って行くことになった。

IMGP7091.jpg

なぜ、いつも移動だけでこんな思いをする事になるのだ?

結果的にわざわざ穴吹川の近くまで「寝に来ただけ」というマゾプレイを完成させただけじゃないか。


お日様を求めて、腰痛野郎の移動はまだまだ続く。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


徳島市街でちょうどB旦那達と合流できそうだった。

実はこの時僕はちょっとソワソワしていた。

今回のメンバーに急遽参加が決まった子がいると聞いていたからだ。


世の中何が起こるか分からない。

ひょっとしてその子と激しく意気投合してしまい、そのまま禁断の駆落ち逃避行が始まる可能性だってあるじゃないか。

妄想野郎の脳内シアターに胸キュンストーリーが駆け巡る。


とりあえず第一印象が重要だな。

まずなんて話しかけて、心をグッと引き寄せるかが今後を大きく左右する。

いくつかのパターンを用意して、たちまちその子を虜にしてみせるぜ。



しかし後に発覚する。

その子とはなんと男だったという事が。


しかも以前「富士六苦フェス」で、共に富士山に登った「タオラーS」だった。

おっさんじゃないか。


こうしていつも通りの雨の中、いつも通りに夢から覚めて、いつも通りの旅が始まった。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


今回のメンバーは5人。

岐阜よりひとり参戦するは、まぞしこジャパン代表の「僕」。

そして横浜組で今回の旅の悪魔の囁き人「B旦那」と、歩く好奇心こと「B女房」。

そしてバター使いの名手「バターN」と、まさかの「タオラーS」。


尚、タオラーSは今回の旅より「ダッチャーS」と改名する事になるが、誕生秘話はまた後ほど。




徳島市街で全員合流して、はるばる那賀川へ移動。

やがて道路の上から見えた那賀川の流れは、明らかに大増水の様相を呈していた。

IMGP7092_20120507164241.jpg

一応、那賀川も「清流」って書いてあったんだが。


凄い流れの速さで、なおかつ水面は盛り上がって、見ているだけで恐怖が湧いて来る。

昨日からの豪雨で、ニュースの言う通りの「河川の氾濫」が目の前に展開されている。

天気予報は外れてもこの手の予報は見事にその通りになるのが切ない所だ。

そもそもこんな氾濫した川が下れるのか?


僕とB旦那が呆然と川を眺めていると、後ろから付いてきているはずのバターN達の車が一向に追いついて来ない。

全然待っても来ないから、さすがに事故った思って焦っていると随分遅れてバターNの車が到着。

どうやら車内に「ハチ」が乱入してきて大パニックだったようだ。


バターNは無類の「アウトドア好き」なくせに無類の「虫・蛇嫌い」な男だ。

アウトドアマンにとって決定的な弱点を持つ彼は、果たしてこの世界に向いているのか?

カナヅチなのにカヌーに乗り、高所恐怖症なのに山に登る僕が言う事ではないが。



まだ車内にハチがいるのではないかと恐々とするバターN。

IMGP7096.jpg

IMGP7095.jpg

しまいには「車内の荷物を全部出して確かめる」などと恐ろしい事を言い始める。

そんなガラスのアウトドアマンの悲痛な叫びに付き合っている時間などはない。

我々はスタート地点の鷲敷青少年野外活動センター下へと車を走らせた。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


現場に到着してみると、ありえないスピードの水流と轟音の濁流祭り。

IMGP7100.jpg

IMGP7109_20120507164723.jpg

IMGP7102.jpg

ほとんどカヌー経験のないダッチャーSも「本当にここを下らされるのか?」という不安一杯の表情だ。

「四国の川は穏やかな清流ばかりだ」と言われて連れて来られてこの光景。


そして彼はこの時まだ微塵も思っていない。

まさかこの数時間後に自分が「渦に巻かれて濁流に放り出される」という惨劇が待ち受けているなどとは。



もちろんこの川をチョイスしたのはこの僕だ。

確かに激流系の川なんだけど、まさか事前にあれほどの大雨が降るなんて思ってもなかった。

毎度僕のミスチョイスで今まで多くの犠牲者を排出してきたが、今回も新たな犠牲者を生んでしまう事になるようだ。



一方で「うああああっっ!」というバターNの突然の激しい叫び声。

IMGP7106.jpg

どうやら道ばたから蛇が出て来たようだ。

やはりこの男、ハチといいヘビといい明らかにアウトドア向きではない。

アウトドアでいつもすぐに体調を崩す僕が言う事ではないが。



さらに奥にある「赤石の返し渦」とやらを見に行く。

IMGP7114.jpg

まるでディズニーランドみたいな雰囲気の道を進んで行く。

しかし、この先にあるものはファンタジーのカケラもない世界だ。


「赤石の返し渦」は、この川最大の難所。

ガイドブックには「4mの渦が発生し、水深は9.5m」などど随分オシャレな事が書いてある場所だ。


次第に増水した赤石の返し渦ポイントが見えて来た。

IMGP7116.jpg

IMGP7121.jpg

IMGP7125.jpg

地獄絵図だ。

川全体が沸騰してるかのようにそこら中でボイルし、水面は大きく盛り上がってうねりまくる。

そこかしこで渦が発生し、流れがあまりにも複雑すぎる。



何度か突入シュミレーションしてみるんだが、僕の脳裏に映し出される最終映像は「死」しかなかった。

「頑張れば行けるんじゃないか?」というB旦那に対し、僕は必死でダメだと訴える。

過去に長良川で人間洗濯機プレイを楽しんだ事のある僕にとって、この区間はリアルな死の匂いで充満しているように感じてならなかった。


協議の結果、当たり前だが「赤石の返し渦」下流からのスタートが決定。

ここより下流は「ダッキー初心者」に最適コースと書いてある。

しかし、本日は絶賛増水中。

我々はこの川に受け入れてもらえるんだろうか?



そして晴れると見込んで、わざわざ穴吹川からこっちに来た我々。

天気予報もご覧の通りだ。

IMG_0425.jpg

しかし、携帯から目を離し頭上を見上げるとどうにもギャップを感じてしまうのは僕だけだろうか?

IMG_0426.jpg

一体何度このパターンを繰り返せば気がすむのか?

晴れてないばかりか、風も中々に吹き荒れている。


初日にして暗雲立ちこめる不安たっぷりの立ち上がり。

しかし「せっかく来たんだし」という、一番良くない思考回路が我々に川下りを決断させた。

増水で濁流で強風。

状況としては最高だ。


横浜組は12時間以上のドライブからの濁流ドライブ。

望んで集まったマゾ5人。


次回はそんな5人の那賀川濁流ライダー達の模様をお送りしよう。


正直まだ体調が良くないので、次回更新は気長にお待ちいただきたい。



ーーつづくーー


プロフィール

yukon780

Author:yukon780
気の毒な男のネガティブな日常へようこそ!

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

興味のあるテーマを選んでね。

Visiter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
107位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>

にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプへ
にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。