スポンサーサイト

Posted by yukon780 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静岡祝福狂想曲〜やりすぎ余興の彼方に〜

Posted by yukon780 on 01.2013 大井川/静岡 0 comments 0 trackback
IMGP78910.jpg

大井川にポツンと佇むバターN。

彼は渋い表情でこう呟いた。


「僕も早く結婚したいッス」と。




バターNの呟き前日。

僕と横浜組の面々は静岡県にいた。

実はこの度、当ブログにも度々登場している「黒はんぺんH」と「モデルS」のご両人が結婚披露宴を執り行う事になり、我々は「遊び仲間」としてご招待していただいていたのだ。


ではなぜ披露宴に来たはずの奴らが大井川で遊んでいるのか?

披露宴の細かい模様はここではあまり触れないが、今回はそんな披露宴にまつわる穏やかなるマゾ話。

それでは簡単に振り返ってみるとしよう。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


快晴の三連休。

やはり友人の結婚式とあって、ウチの嫁もさすがに行くなとは言わない。

僕としても「せっかく三連休中日に式をセッティングしてくれたんだ。披露宴ではお酒も飲むだろうし泊まって来てもいいだろう?ねえ、いいでしょ?」と迫って、二週連続の一泊二日の権利をもぎ取った。


さあ、久しぶりの披露宴出席。

しっかりとフォーマルな道具を車に積み込んで、出席の為の準備をしよう。

IMGP7393.jpg

フォーマルなカヌーにフォーマルなライフジャケット。

そしてフォーマルな水中メガネに水鉄砲、あとエビたもも忘れてはいけない。

突然余興をやらせれるかもしれないから、一応ランニングシューズも持っていかなきゃね。


こうして一般的な披露宴フォーマルグッズを車に積み込み、僕は静岡へと旅立った。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


横浜組と合流し、一路披露宴会場へ。


恐らく黒はんぺん夫妻の幸せフリーキックは相当な威力のはず。

我々も鉄壁のディフェンスラインで、二人の幸せを受け止める準備は万端だ。

IMGP7398.jpg

バターN、B旦那、女優E、サケヤK、B女房、そして僕の6名。

酒焼け声がハスキーで魅力的なサケヤKちゃんは、2年前の富士川以来のご登場。

カナダ留学経験もある彼女は、僕と黒はんぺんのユーコン組と同じくカナディアン同盟の同志。

なおかつサディスティックガールの女優Eと組むと、サドがサドを呼んでマゾにはたまらないサディスティックコンビと化す。


そんな極端なSMメンバーで陽気に会場へ。

すると会場には「さすが!」といった趣向。

IMGP7429.jpg

披露宴会場のプールにダッキーが浮かんでいるというシャレオツな演出。

天気もいいし、このままエスキモーロールの練習に突入してしまいたい気分だ。


そしてついにご両人のご登場。

IMGP7497_201309301541418a7.jpg

美しすぎる新婦と浮かれすぎる新郎。

実に感慨深いものがある。


以前にも紹介したが2年前の仙丈ヶ岳で、僕とB旦那と女優Eは延々と黒はんぺんHの恋愛相談を受け続けた。

実に登山口から山頂まで延々と彼の悩みを聞き続けたという不思議な登山だった。

ついに彼は悩み過ぎて、山頂付近では頭から煙まで出てくる始末。

IMGP2080.jpg

そしてこれも以前に紹介したが、このスーパー恋愛マスターの僕の助言のおかげで見事に二人は付き合う事に。

やがて気田川に連れて来たその彼女さんがモデルSちゃんだった。

IMGP2207.jpg

この時はまた実にいい感じのカップルっぷりを見せつけ、僕はしみじみと「ウチもこんな時があったなあ...」と遠い目でため息をついたものだ。

そして二人はその後も着々と愛を育み、今年の和歌山清流ツアーで結婚発表。

B旦那とバターNがプレゼントしたダッキーに、初めての「共同進水式」。

IMGP6189_20130725144357.jpg

こんな感じで、要所要所で彼らの幸せな人生に僕のような汚れたマゾ野郎が関与して来たのだ。

それがついにこの日、本当の意味での「二人の進水式」に辿り着いたのだ。

IMGP7669.jpg

ただただ感動し、祝福せずにはいられない二人の門出。

涙もろい黒はんぺんと、豪快にもらい泣きするB旦那。

IMGP7760.jpg

披露宴会場での男泣きほど美しいものは無い。

ただ一人、サケヤKだけが林家三平師匠のポーズを決めている姿も実に微笑ましい。


それにしても美しくて楽しい披露宴。

現場が山や川じゃなかった事が幸いし、僕がいるにもかかわらずこの大快晴。

IMGP7569.jpg

二人のこれからの順調な夫婦生活を予感させるような快晴。

ちなみに僕の披露宴の時は「ゲリラ豪雨」でした。

ある意味、その後の夫婦生活を暗示していた土砂降りっぷりだったね。


そして新郎の歴史的な「噛み噛み祝辞」で、会場はたちまち穏やかな雰囲気に。

IMGP7822.jpg

たまらずこの大事な場面ではにかむカミカミ王子。

これにはたまらず、サディスティックコンビの容赦ない大爆笑が会場にこだまする。

IMGP7825.jpg

アップアップの黒はんぺんを見て、大いにサド心が満たされた模様。


こんな感じで純粋に「いい式だった」と誰もが言った、笑顔が多い楽しくて素晴らしい式が終わった。

明るくて楽しい家庭が気付かれていく事は間違いない。

あとはモデルSが出産後に、ウチの嫁のように豹変しない事を切に願っている。

そうなるもならないも、今後の黒はんぺんH次第だ。


何はともあれ、おめでとう黒はんぺん夫妻!

これからも一緒に遊んでくださいね!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


披露宴は終わったが、二人を祝いたい僕の気持ちはまだおさまらない。

そこで僕は、その会場にてフォーマルマゾから...

IMGP7837_2013093014323562a.jpg

フォーマルマゾランナーに変身した。

IMGP7839.jpg

美しい式場に突如現れた変態ランナー。

いよいよ誰にも頼まれていない「一人余興」の時間に突入だ。


男は爽やかに快晴に向かってジャンプをかまし、

IMGP7849_20130930143226da0.jpg

そのまま披露宴会場から走り去っていった。

IMGP7852.jpg

岐阜では古来より、披露宴の締めはマゾ男によるランニングと相場が決まっている。

会場にいた人々の「なぜだ?」という視線を一身に浴び、男は祝福の小笠山トレイルランニングへと突進して行った。

なぜと言われてもしょうがない。

だってこんなに晴れてるんだもの。


こうして変態ランナーによる、ロンリー二次会がスタート。

もちろんB旦那達は新郎の家で待機し、夕方に合流することになっている。

結婚式はまだまだ終わらないのだ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


目指す小笠山への登山口は、式場近くのエコパっていう大きな施設の森の中にあるらしい。

大した情報も無い状態だったが、ただただ二人を祝福したい気持ちだけが僕を後押しする。


しかし晴れたはいいが、今日に限って灼熱の暑さ。

IMG_2795.jpg

普段太陽慣れしてない身としては、実にしんどいのなんのって。

なんせたらふく料理食って酒も飲んでるから、はっきり言ってとても走れる状態じゃない。

しかしどうか祝わせていただきたい。

これが岐阜流の余興なのだ。


登山口を探して延々とエコパ内を疾走。

IMG_2796.jpg

まるで見当たらない登山口。

走行している内に、登山口到達前にグハグハが止まらない余興男。

IMG_2797_20130930164854b20.jpg

今にも料理のフルコースをデザートから順にリバースしてしまいそうだ。

でもそんなヘロヘロ余興男の前に現れたのは、実に素敵なバージンロード。

IMG_2800.jpg

登山口発見前の予定外の大急登階段。

たまらずニヤリとしながら、体中の全毛穴から飲んだビールを放出しながら駆け上る。

そして見晴し台に到達し「おめでとー」を一発。

IMG_2803_20130930164907f52.jpg

この想い、二人に響け。


と言っても本来の小笠山の登山口が未だに発見できていない。

その後もひたすら園内を徘徊するという悲壮な余興が続く。

IMG_2807_20130930164914e82.jpg

そんな男の前に訪れた絶望的光景。

サディスティックなエコパさんとの初めての共同SM作業のスタートだ。

IMG_2808.jpg

階段に向かって勢い良くマゾ入刀。

たちまち参列者のカメラのフラッシュが無数にきらめく。

そしてその階段を上りきった先には、さらなるサプライズ急登が。

IMG_2810.jpg

驚きと悦びが止まらない。

まだ僕は登山口に来ていないはずなのに。

一体ここは何なんだ?


そしてふと気付く。

「私は一体何をしているのだ?」と。

IMG_2811.jpg

悲壮な表情で酒臭い汗を大量に抽出するドモホルンリンクル男。

結婚式とはかくも過酷なものだったか?


やがて頂点の展望台らしき所へ到達。

IMG_2814_2013093016494845d.jpg

IMG_2815_20130930164952236.jpg

もうここが何山だろうと、小笠山じゃなかろうとどうだっていい。

ここが私のゴールであり、限界であります。

二人には「人生とは何事も思い通りにならない厳しい階段の嵐なのだ」という訓示が伝わったはず。

その厳しさを二人で手を取り合って逞しく越えて行けよ。


そうかっこよく呟き、登山口にすら到達できなかった男は下山して行く。

その途中。

男は「腐った木を思いっきり踏み抜いて大転倒する」という大技を見せつけたのだ。

IMG_2816.jpg

たちまちスネに電流のごとき痛みが疾走。

この身を呈した渾身の一人余興に、会場からはやんやの喝采。



その後、なんとか森を抜けてエコパスタジアムへ。

IMG_2818.jpg

なんか知らんけど中に入れたんで、そのままスタジアム内に侵入。

IMG_2820.jpg

IMG_2822.jpg

ちょうど陸上の競技大会が開かれてたんだね。

どうやら普通の参加ランナーと思われたのか、明らかに披露宴会場よりも場にマッチするランニング男。


で、駅まで走り続けて電車に乗車しみんなが待つ新郎邸に向かう。

こんな感じで、壮絶な一人二次会は幕を閉じた。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


そんな電車内。

なんとそこでは、僕の隣に新婦のご両親がいたというまさかな偶然。

でもとてもじゃないけど話しかけれなかった。

「先ほどはおめでとうございます。とてもいい式でした。」なんて事を、突然全身ランニング男に言われても怪しまれるのがオチだ。


駅に着いてからは、もちろん一人三次会のスタート。

駅から新郎新婦邸までの3.5キロの追加ロードラン。

IMG_2829_20130930165032f24.jpg

IMG_2827.jpg

絶対に地元の人しか走らないであろう名も知らぬ河川敷を、真っ青な顔で走り抜ける岐阜県民。

しかしそんな孤高の岐阜県民では理解できない看板も。

静岡ではネコ味のクレープが売っているのか?

IMG_2830.jpg

それともクレープに扮したネコがいる店なのか?

黒おでんや黒はんぺんや山田(仮)といい、静岡はミステリアスな部分が多い街だ。


やがて三次会を走りきり、横浜組の面々とも無事合流。

ひとしきり談笑した後、夜になってから四次会の会場へ移動だ。

実に忙しい結婚式なのである。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


やって来たのは大井川・駿河徳山の川原。

ここで焚き火を囲んでしっぽりと四次会のスタート。

IMGP7869.jpg

やはりこの時期の川原焚き火は最高だ。

最近あまりこの手の野宿をしていなかっただけに、やはり山とは違う良さがある。


ただやはり良すぎてしまったのか?

結婚式での聖歌の話から、「小学生の頃の合唱コンクールの歌は何歌ってた?」というテーマになり、そこから青春時代の懐メロ特集に脱線。

そこから一気に歯止めがかからなくなる80年代を生きた者達。

結果深夜3時まで飲み明かし、翌日のご老体に重い傷跡を刻み付ける事になる。


もはやここには新郎新婦の姿はないが、大盛り上がりの四次会の夜は更けて行った。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


五次会の朝がやって来た。

本日もとんでもない快晴だ。

IMGP7873_201310011007078f8.jpg

お日柄もよろしく、新郎新婦を祝うのに持ってこいの状況だ。


猛烈に眠いが、これはのんびりしている場合じゃない。

いつものように僕が横浜組の連中を無理矢理叩き起こし、テンションの低い彼らをせかす。

IMGP7875.jpg

やはり睡眠不足の80年代を生きた者達は動きが鈍い。

しかし彼らもまだまだ新郎新婦を祝い足りないのだ。


それにしてもここ最近では滅多に無いほどの大快晴。

IMGP7876.jpg

ここのところ天気には痛い目に遭って来たから、そろそろ報われる時が来たようだ。

と、思って川を見る。

IMGP7878.jpg

なんだあの濁流は?

ここは穏やか清流大井川ではないのか?

いつの間に我々はコロラド川に来てしまったのか?


こんなはずじゃなかったのに。

大快晴と大濁流の青と茶のコントラストが実に憎らしい。

何もこんな濁流の時にこれほど晴れなくてもいいじゃないか。

どんだけ嫌みな仕打ちなんだ。


明らかに我々は五次会会場のチョイスを誤った。

「こんな時こそ山に行くべきだったんじゃないか」と誰彼とも無く呟いた気がした。


どうやら聞けば、今回の濁流はサケヤKに原因がありそうだ。

彼女が参加するツーリングはことごとく濁流になるという。

また一人、ここに悪天候に愛された悲しみの宿命を背負った女性が現れたのだ。

どんだけ壮大なサディスティックな仕打ちを我々マゾに提供してくれると言うのか。

実に嬉しい限りだ。



今回は千頭駅下の川原からのスタート。

IMGP7881.jpg

そしてそこにおもむろに現れたのは「横浜ボクシングジム」のみなさん。

IMGP7884.jpg

激しい減量中なのか、皆一様にピリピリとしたムードをかもしだしている。

そんな減量ボクサー達の活躍でダッキーを膨らまし、ついに五次会「大井川濁流大会」が始まる。

IMGP7885_2013100110074231c.jpg

IMGP7886.jpg

猛烈な濁流で、川を漕いでいると言うより「豚骨スープの上を流れて行く」と言った方が適切な状況。

しかも穏やかなはずの大井川は中々な急流と化している。

何より厄介なのは、透明度がゼロだから突然隠れ岩に乗り上げて「ガクン」と車の衝突実験用ダミー人形のような状態になるから気が抜けない。

そして思いもよらない大激流区間が発生しており、さすがに僕の一眼カメラは常に防水バックにインの状態。

故に出発後の写真は、ずぶ濡れになって若干放心状態で休憩する「寝不足80年代の皆さん」の写真に一気に飛ぶ事になる。

IMGP7887_2013100110075439b.jpg

しかし生粋のスリルハンターB女房と、濁流クイーンのサケヤKだけは満足の笑顔が止まらない。


そんな中、この先も延々と続く豚骨スープを前に呆然と立ち尽くすバターN。

IMGP7891.jpg

青と緑と茶のコントラストの中にポツンと赤いバター。

IMGP7892.jpg

この写真が見事に今の彼の「孤独」を暗示している。


今回の黒はんぺん夫妻の結婚式に触発されてしまったのか?

のちに温泉で彼は「僕も早く結婚したいっス」と呟いていた。

30歳を越えていよいよ親の圧力も激しくなり、気圧にも弱いミスター高山病のバターNとしては厳しい状況が続いている模様。

ただ焦ってとんでもないサド女とだけは結婚してはダメだぞ。

結婚相手に求めるべきは「やさしさ」一本。

残念ながら私が言える事はそれだけだ。



その後もただただ爽やかに濁流を流されて行く五次会メンバー。

IMGP7898.jpg

激しい所では全く写真を撮ってないから、写真はこのまま一気にゴールへ。

IMGP7903_20131001100839756.jpg

このあと女優Eのタオルから鳩が飛び出して行ったのは言うまでもない。

これが我々からの黒はんぺん夫妻に送る祝いの濁流余興でございました。



しかし余興はまだ終わらない。

女優Eによる「サディスティックスタックプレイ」が炸裂したのだ。

IMGP7915.jpg

見事に川原にタイヤを取られて動かなくなる女優Eの車。

もちろんここで3匹のマゾ達がかり出される結果に。

IMGP7916_20131001100910f81.jpg

大快晴の川原で繰り広げられた渾身の公開SM余興。

必死で女王様の御車を押すマゾ奴隷達。

その必死の姿をを見てご満悦の女王様。

IMGP7922_20131001100915934.jpg

一体どっちが被害者なのか?

すると直後に突然B女房が、今まさにバターNに浣腸をぶちかまそうとしているではないか。

IMGP7927_20131001100922be4.jpg

実はこれは浣腸のポーズではなく、邪魔な石をどけている作業中。

そして整地した後、再びマゾ奴隷達の必死のプッシング。

IMGP7928.jpg

後方ではB女房が「手を抜くマゾは毛を抜いてやるぞ」といった鋭い監視の目。

もうこれ以上毛髪を失いたくない中年のマゾ達の必死の奮闘。

やがて見事女優Eの車は脱出に成功し、ここにSM茶番劇は完結した。


余談だが、ここで嫁から唐突に「ブレスレット買って。」という謎のメールが届く。

何の前触れも無く送られて来た怪文書。

バターNよ。

これが結婚の「リアル」ってやつだぜ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


温泉に入り、そのまま急いで六次会会場へ移動。

もちろん行き先は、静岡県民に敬意を表して名店「さわやか」だ。

IMG_2837_2013100111480376f.jpg

およそさわやかさのカケラも無い重々しいメニュー。

しかしこれがまた猛烈にうまい。

肉が鉄板に押し付けられる様子なんて、まるで家庭内の僕を見ているようで肉汁のような涙があふれて来てしまいそうだ。


さあ、まだまだ忙しいぞ。

披露宴ってのも中々大変だ。

急いで七次会会場へ向かおう。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


七次会の会場に到着。

現場はもう大盛り上がりの大行列だ。

IMG_2840.jpg

黒はんぺん夫妻の祝福に大挙して押し寄せて来た人々。

電光掲示板には「30km 通過に2時間以上」というオシャレな文字が煌煌と映し出されている。

もちろん僕とは逆方向の横浜組の面々も、別の会場でこのパーティーに参加している。


僕はこの怒ったオームの群れのような赤いテールランプを見ながら、しみじみとある事を思い出していた。

そう言えば僕が落選した、ノースフェイスの「ジョン・ミューア・トレイルの旅プレゼント」のアメリカへの出発日は今日だったなと。(参考記事:運命の歯車〜そして聖地へ〜

当時の記事の最後の一文は以下の通り。


「とりあえず、9月末。

僕はアメリカで自由の風になっていることでしょう。

その模様をお伝えできるのが今から楽しみです。

みなさん、待っていてくださいね!」


現在9月末の当選者出発の日。

僕は静岡から岐阜に向かう高速道路上で、大渋滞と言う名の不自由の風になっている。

こんな模様をお伝えする予定ではなかったんだが。


バターNよ。

これがマゾ男の「リアル」ってやつだぜ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


そして長い長い旅路の末、やっと僕は自宅に辿り着いた。

ものすごく疲れていたが、あくまでも「披露宴に参加して来ただけです」という顔をしなくてはならないのが辛い所。

決して僕は遊んで来たわけではなく、あくまでも祝福の余興をして来ただけなのであります。


そんな完全燃焼の余興男に実に嬉しい神様からの贈り物が。

玄関を開けると、そこにはひとつの小包。

開封してみると、このような物が入っていた。

IMG_2841.jpg

なんと送り主はノースフェイスさん。

ジョン・ミューア・トレイルキャンペーンのB賞「GORE-TEXファブリクス製スタッフサック」が見事にご当選してるじゃないか。


渾身の余興をやりきった僕に対する、黒はんぺん夫妻からの小粋な引き出物。

小さい頃、日本ハムソーセージの懸賞でビッケのTシャツが当たって以来の当選。

A賞のジョン・ミューア・トレイルは逃したが、僕としては30年ぶりの懸賞当選の快挙だった。



ありがとう、黒はんぺん夫妻。

幸せをお裾分けしてくれたんだね。


そして改めておめでとう。

どうか幸せな家庭を築きまくっていただきたい。

やがて子供が出来た時には、ウチのりんたろくんとこーたろくんと一緒に遊んでほしいものです。

もちろんこのマゾ太郎くんともね。



さて。


嫁のブレスレットでも買いに行くかね。





静岡祝福狂想曲 〜完〜



スポンサーサイト

大井川で筋トレカヌー

Posted by yukon780 on 20.2011 大井川/静岡 6 comments 0 trackback
IMGP9371.jpg

熱狂のユニコーンライブと悪夢のおでん(前日の記事)が終わった後、COMの3人をホテルで降ろして、僕は一人野宿のため、安倍川の河川敷公園へ向かった。

さっそく以前にも紹介したヘネシーハンモックの設置をする。

深夜に一人がんばって公園で木にヒモをくくりつける作業。
たまに通る車から見れば明らかに自殺未遂の男に見えたに違いない。

無事に設置を終え、やっと落ち着いてビールをグビリ。
静岡おでんで体の水分を激しく持っていかれた僕には、魔法のような美味しさだった。

そして、就寝。
連日猛暑が続くこの季節、暑くて寝苦しいかと思っていたがとても快適だった。
さすが、ヘネシーハンモック。蚊帳になってるから風は涼しいし、背中も浮いてるから良い感じにひんやり。
あっという間に眠りに落ちた。

が、夜中3時頃目が覚める。
寒い、あまりにも寒いじゃないか。
ちょっと涼しいにも程があった。やっぱりちょっとしたタオルケットでも持ってこれば良かった。

結局、ハンモックを撤収し車中泊です。


下の写真は翌朝に撮影。
ハンモックを吊るした僕の寝床。

IMGP9330.jpg

この公園は朝方沢山のおじいちゃんがウォーキングに来ていたので、あのままハンモックで朝まで寝てたら恐らく通報されていただろう。

ホテルに泊まっている3人を迎えにいくまで随分時間があったので、旅先だって燃やせ!脂肪肝だ。
初めての土地でのウォーキングは実に楽しい。


まずは臨済寺。

IMGP9335.jpg

ここは歴史好きにはたまらない。
僕の郷土の英雄、徳川家康が幼年期の今川人質時代に、雪斎禅師に師事したお寺だ。

中に入ると今も若い修行僧が沢山いて、なにやら段ボールを運んでいる。
その中の一人が「これヤバいッて。チョー重くね。」って言ってる。雰囲気ぶちこわしじゃないか。
まだまだ奴は修行が足りんなあ。
雪斎禅師、時代は変わるもんですな。


続いて駿府公園へ。

IMGP9341.jpg

ここは駿府城跡地にある広大な公園。
もちろん家康公の居城だね。
炎天下の中、園内を歩く歩く。

IMGP9347.jpg

でました。大御所様の銅像でございます。
やっぱ岡崎城の銅像より老けてるなあ。こっちでは大御所時代が長かったからね。


朝ウォーキングは続く。浅間神社です。

IMGP9350.jpg

IMGP9351.jpg

ここがまた結構広くて運動にはもってこい。
裏には軽い登山道があってそこを登っていく。

やがて賤機山古墳とやらが出て来た。

IMGP9356.jpg

中を覗くとライトアップされているのか、実に怪しげな雰囲気が漂い納涼にもってこいだ。


この賤機山、軽い気持ちで登っていったら結構な登山になってしまった。

IMGP9359.jpg

展望のない頂上にてぐったり。
朝トレにしては十分歩いただろう。

たっぷり体脂肪を燃やしたので、3人を迎えにホテルへ。
僕の個人的な遊びに付き合わせて悪かったが、大井川に向けて車を走らせた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回は大井川でも初めて下る区間だ。
塩郷ダム下のくわのきキャンプ場脇の道から川原へ車で降りてカヌーを降ろす。

鵜山の七曲がりと言う区間を下って、道の駅川根温泉までのおよそ11キロ。

車にしてはものの10分程だが、七曲がりというだけあって川がクネクネしてるからカヌーだと3時間程かかる。

3人とはゴールで合流する事にして別れ、いよいよスタート。

IMGP9364.jpg

空は快晴、風も穏やか。
しばらく雨が降っていなかったから水深が浅いのが残念。何度か歩く事になるがそれもまた気持ちいい。

悪天候男の僕だが、この大井川に関してはなぜか結構晴れていていい思い出が多い。
あらためて思い知る。やっぱカヌーは晴れてなんぼだ。

大変気分よく漕ぎ進む。
懸念していた鮎釣り師はトータルで10人ぐらいだろうか。これといったトラブルはなかった。

IMGP9368.jpg

この区間の大井川の水は実にきれいだった。
上流の方のイメージはいつも白濁とした水といった印象だったけど、ここは奇麗だ。

IMGP9367.jpg

もう我慢出来ない。
木陰にカヌーを上陸させ、素潜り三点セットにて気持ちよく泳がれてもらいました。

川の中には沢山の鮎がいて、ヤバいくらい楽しい。
いつも夏の時期は鮎釣り師との衝突が嫌でできるだけカヌーは控えていたけど、やっぱ夏の川は信じられない程の楽しさに満ちている。

IMGP9370.jpg

やがて半分を過ぎたあたりで、風が激しくなって来た。
やっぱりこのカナディアンカヌーは船体の大部分が川から出てて、底もフラットだから恐ろしく風の影響を受ける。
漕いでも漕いでも進まなかったり、コントロールが利かなくなったり。
こっからがかなりしんどい川下りとなった。

ひとまず風で船首が持ってかれないように、大きな石を前部に配置して重心を落ち着かせる。

SANY0009.jpg

そして後は、筋肉パンプアップな川下り。
これは良い筋トレになるぞ。でもしんどいぞ。


しだいに川底に赤茶色の苔的なものが生い茂りだし、とても泳ぎたくなるような雰囲気じゃなくなって来た。

SANY0015.jpg

もうあとはひたすら「筋トレ」と言い聞かせて黙々と漕いだ。
前半は天国だったのに。最近は風にやられるパターンが多くなって来たな。


そんなこんなでフラフラになりながらなんとか川根温泉近くの赤い鉄橋前の川原へ到着。
ここから道の駅の駐車場までは結構な距離の川原を、荷物を持って歩かねばならない。

到着と同時に南米系の屈強な外人の男が二人近寄って来た。一人はムキムキで腕にはタトゥーが。

「コレハナンデスカ?」と来たので、好意的に「これはカヌーだよ。」なんて会話をしたが、この二人一切笑顔を見せない。
やがてそのうちの一人が僕の荷物をあさりだした。
やばい、これはやられるパターンではないのか?

たどたどしい会話が終了し二人は去っていったが、少し離れた所でチラチラ僕を見ている。

ほんとはカヌーと荷物を二回に分けて運びたかったが、このままどちらかを置いていけば絶対盗まれると思った。

僕はカナディアンカヌーを担ぎ、パドルを二本脇に挟み、荷物を手に持ってすべてを同時に運んだ。

筋肉は悲鳴を上げ、足はガクガク。死ぬかと思った。


なんとか道の駅の駐車場に運び込んで3人と合流。

汽笛らしきものが聞こえたので、SLだと思いみんなで待っていると普通の電車だと言うオチもついた。

IMGP9384.jpg

こうして2日間に渡る、「ユニコーンfeaturing大井川」ツアーが幕を閉じた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

-おまけ-

翌日は何故か滝行に行って滝に打たれて来た。

養子の辛い所で、お義母さんのお誘いを断れなかったのだ。

内容がシュールすぎて写真は撮っていないが、この時期だからといって山の川の水は半端ない冷たさ。
子供なんて泣き出す始末。低体温性で死ぬかと思った。

ただ、僕がそこで何かをつかむ事はなかったね。

何かをつかみたきゃ、ユーコン単独行が一番ですな。


プロフィール

yukon780

Author:yukon780
気の毒な男のネガティブな日常へようこそ!

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

興味のあるテーマを選んでね。

Visiter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
90位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>

にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプへ
にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。