ロンリー忘年会2015〜年末テスト野郎の我慢大会〜

Posted by yukon780 on 30.2015 根尾東谷川/岐阜 0 comments 0 trackback
lonely.jpg

突然の寒波が訪れたこの日。

誰もいない山間の川原で、己の一年を厳かに見つめ直すますらおが一人。

周辺にはちらほらと雪が積もり、とっても寒いが男はじっとその場を動かない。

愛しさと切なさと心強さを噛み締める、一人きりの忘年会である。


そもそも彼は、好き好んで年末にこんな我慢大会をするつもりではなかった。

ただこの日は彼が年末年始の連休の中で、唯一単独での外出が許された日。

天気予報を見ても完全なる晴れ予報だったため、昨今の暖冬具合もあって川納めに来たのだ。


しかし実際は、晴れたのはたったの30秒ほどであとはずっと薄暗い曇り。

そしてここんとこあんなに暖かかったのに、急に寒波が襲来しちゃって極寒の世界に。

それでもこの日しか自由のない男は後には引けない。

ってことで、色んなテストを兼ねて年忘れ寒中マゾ大会に突入してしまったというわけなのである。


向かった先は、ついこないだ我がホームリバーに認定された「根尾東谷川」。

そこでの川下りの様子は、コースも天気もほぼ前回と一緒なので今回は割愛します。

色々なテストをした結果だけを軽くご報告しますね。

というか、「色々テストをした」という結果を残して生産的な気持ちになっておかないと切ないんだよね。


ということで、もう2015年はボクデミー賞で〆てしまったけど、今回はおまけの記事。

年末暇な人のみこの先に突入してください。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


誰も来ない、薄暗く荒れた道。

そこにポツンと現れた一台の車。

IMGP3117_20151230075944b18.jpg

まさか雪が降ってるだなんて思ってもいなかった。

ちなみにここで我慢出来ずに寒中野グソをしたんで、行かれる方は我がメモリーを踏まないように注意されたし。

ケツが凍るかと思いました。


今回は今後のソロ活動時の為に、自転車回送のテスト。

ゴールに車を停めて、この落石だらけの荒れ荒れの道を突き進む。

1_20151230075947edd.jpg

これが薄暗いし濡れてるしで、なんだか妙に怖いという年末肝試しに。

木々に積もった雪が解けて雨のように降り注いで来るから、早くもびしょ濡れになって寒い事この上無し。


で、スタート地点に到達して(コースは前回記事参照)早速準備開始。


今回は色々なニューアイテムをテストする。

まずは前回来た時にドライスーツのおかげで体は暖かかったけど、肌が出る顔と手が超冷たかった。

なのでその対策としてフードとグローブを新調。

IMGP3122.jpg

共にマーシャスの「AIR SKINメタリックス・フード」と「エアフュージョン 2mm グローブ」。

これを身につけてみると、暖かさよりもまず変態度が格段にアップした。

IMGP3125.jpg

今にもモジモジくん体操でも始まりそうな勢いである。

そしてここにヘルメットを被ってみる。

するとたちまち三億円を強奪しに行きそうな世界感へと変貌。

IMGP3126.jpg

IMGP3128_20151230080124f84.jpg

しかし私はこんなところに一人年末仮装大会をしに来たわけではない。

この新アイテムの性能を試しに来たのだ。


そして結果として、その効果たるや抜群のものがあった。

まず頭部に関しては防風・防水・保温・フィット感のバランスが適度にちょうど良く、そして暖かい。

もちろん顔面のズルむけてる部分はダイレクトに冷たいが、耳と頭部と首元が保温されてるだけで全体的に結構行ける。

思ったより締め付けもないし、耳部分にいくつか穴があいてるから音も遮断されない。

IMG_9343.jpg

しかし横から見た時の「スケキヨ感」がハンパ無く、見た目が一気に犬神家的な闇に包まれるのが悩みの種である。


そしてグローブの方は、全く冷たさなんて感じない最強さ。

2_20151230080121df4.jpg

裏地も起毛素材で肌触りも良く暖かい。

しかも表地がザラついていて、パドルへのグリップ力が飛躍した。

厚手なんで細かい作業はしづらいが、これはかなりいい感じだ。


で、そのグリップ力をさらに高めるべく購入したのが、はっきりと口にするのがはばかられる商品名のこちら。

セックスワックス」なのである。

IMGP3123_2015123008011919a.jpg

最初このワックスを名前を見た時は、「何に使うのか?」「どこに塗るのか?」「どんな新しい世界が待っているのか?」という妄想が膨らんでしまったほどだ。

しかしこれはサーファーの間では有名なワックスで、パドルグリップの滑り止めとして効果を発揮。

これとグローブのダブル効果で、今まで結構悩みだった「パドルに力が伝わりきらない」という悩みが解決した。


何はともあれこのフードとグローブとフルドライスーツのおかげで、まだまだ冬でも川で頑張れる事が判明した。

今まで年間で唯一空きが出る、「川行くには寒いし、山行くには雪不足だし」っていう時期にも遊べてしまう事が分かってしまったのだ。

もうグッズ的には年中遊べてしまう。

しかし家庭的にはより捨てられる可能性がアップなのである。



さあ、それでは張り切って続いてのテスト。

それは「ドローンを買う金がないけど空撮で俯瞰の画像が撮りたい」というもの。

そこで高IQの僕が編み出したハイテクな撮影方法で撮ったのがこちら。

3_20151230080339410.jpg

それがこのGoProを「空に投げてみる」という画期的な撮影法なのである。

ただこれも問題点としては、どうしてもGoProが回転してしまうため、映像として観るとグルグルして吐きそうになるという事。

なんとか本田圭佑のような無回転スローを試みるが、どうしても回転してブレブレ画像になってしまう。

しかも落ちて来たやつをちゃんとキャッチしないと壊れてしまうリスクが伴われるため、常に激しい緊張感が支配する。

だから川の上でキャッチするが、キャッチに失敗するとこのように「失敗した勢いで川にボッシュートする私」という画期的な絵が川の中から撮れるのだ。

4_20151230080333609.jpg

もちろんこの時むき出しの顔面まで川の中に没して、しばし鼻水が止まらなくなるおまけ付きだ。


そんなこんなをしながら、快適な川下りは続く。

IMGP3134_20151230080336036.jpg

IMGP3157_2015123008043605a.jpg

IMGP3154_20151230080433496.jpg

前回来た時が曇った状態だったから、今回に関して本来は晴れて日が射したクリアブルーの状況を撮影したかった。

でも結局前回と同じ曇り状況だから絵的には変わらない。

この川の真に美しい状態を撮れるときは来るのだろうか?


そんなこと思ってたら、さらに空はどんよりと。

IMGP3158_20151230080434829.jpg

これが天気予報「晴れ」と出た地域の空か?

しかも何やらポツポツとお馴染みの模様が...。

IMGP3159.jpg

せっかく直ったばかりの一眼カメラ(小秀山で壊れて15000円修理代払ったやつ)を持って来たのに。

しかしそんな私にもピッタリな新アイテムが、修理に出したカメラ屋さんに置いてあった。

それがこのハクバの「ドライクッションポーチL」なのである。

IMGP3121_2015123007594550f.jpg

長らく川下り時のカメラバッグは、モンベルの「プロテクション アクアペル 3L」を使っていた。

しかし前モデルのものは穴が開き、今モデルのものもちょっと薄手で心配だった。

しかしこのハクバのものは、強靭な厚手生地で防水性も心配無し。

もちろん内部にクッションもついてるからカメラ保護になる。

そして何気にDリングもついてるから、ヒモとカラビナでパックラフトに固定すれば沈した時の紛失防止にもなる。

欲を言えばこれのLLタイプがあるともっと出し入れがしやすくなるけど、現状Lが最大だ。

これで安心して一眼を川下りに持ち出せるぞ。


とりあえず今回はお馴染みの天気だが、まあこれはこれで幻想的だと都合良く思っておこう。

IMGP3152.jpg

あとついでにもう一つテストしてたのが、シートゥーサミットの「パドルリーシュ」ね。

IMGP3119.jpg

これは今年の姫川での「パックチェイス」や、西伊豆の「漂流三昧」の経験を元に急遽購入した。

要は沈した時のパドル流出を防ぐ為のもの。

今までは逆にヒモが首とか体に絡まって危ないかなあと嫌厭して来たが、単独行が多い身としてはやっぱ必要ですな。


そんなこんなで、川の説明ゼロのままゴールです。

IMGP3160.jpg

しかしテストはまだまだ終わらない。

こういう一人の時じゃないと色々落ち着いて試行錯誤出来ないから一気にやるのです。


取り出しますは、最近嫁と喧嘩した時に腹いせの勢いでAmazon買いしたこいつ。

VARGOの「ヘキサゴンウッドストーブ」なのであります。

IMGP3167_20151230080520712.jpg

前々から欲しかったけど、まあそんなに必要ないかと中々買わなかったやつ。

それが前回雨の後の濡れた流木に火が着かなくて炊飯未遂になりそうだった苦い経験から、「細い枝なら比較的火は着く」ってことで今回導入したのである。

袋から出すとこんな感じ。

IMGP3168_20151230080521e9c.jpg

実は以前同じようなスイス軍製ウッドストーブを持っていたんだけど、それがクソ重たかった。

でもこいつはチタン製なのでスペシャルに軽い。

で、そいつをパタパタ開いて行くと完成。

IMGP3169.jpg

これに細枝から頑張って少しづつ火を着けて行けば、今回のような濡れた状態でも着火可能。

IMGP3173_20151230080526ba7.jpg

IMGP3180_20151230080724b85.jpg

今回は木々が濡れ濡れでも食にありつけたぞ。

こりゃ焚き火起こすほどじゃない時の一食分にはちょうど良いな。


そんな感じで、口から激しく白い息を吐きながらひたすら飯が炊けるのを待つ。

11_20151230080722a72.jpg

やっぱりこうして停滞してると寒くなって来るから、時折立ち上がっては軽くその場で立ちランニング。

本日18回目くらいの「私は一体こんな寒い所で何をしているんだ?」という疑問が浮かぶ頃、めでたく炊飯完了。

そしてここで取り出しますは、これもテスト用に持って来たこいつ。

FREELIGHTの「フロシキコジー」であります。

IMGP3183_2015123008072160d.jpg

そもそもコジーってのは、アルファ米とかフリーザーパックした食材を包んで保温するもの。

このフロシキコジーは熱遮断率の高いアストロフォイルを使用していて、中に耐熱効果の高いカーボンフェルトが内蔵。

なので熱したばかりのコッヘルなど、そのままくるんで保熱する事が可能。

残ったお湯を保温したい時や、余熱クッキング、または水筒の凍結防止などにも役に立つ。

それを今回は熱々ご飯が冷めないよう、「ごはんの蒸らし用」としてアルミポッドを包んだのである。

IMGP3186_2015123008091684b.jpg

その名の通り、四辺にベロクロが着いてるからフロシキみたいに自由な形にくるめるのがいい。

アイデア次第で色々と使えそうだから、今後が楽しみな商品です。


で、蒸し上がったご飯に焼き鳥缶とゆで卵乗っけたのがこちら。

特製焼き鳥丼でございます。

IMGP3187.jpg

普段はこのままだとアルミポッドが熱くて持って食いにくかったけど、フロシキコジーならそのまま持って食べられる。

ちなみにこの焼き鳥丼もテスト的に作ったんだけど、うまいんだけど40手前の身にはいささか重かった。

危うく今年度の吐き納めになる所だった。

次回はシーチキン丼くらいにしておこう。


さらにちなみに一応書いておくと、フロシキコジーの耐熱カーボンフェルトは確かに耐熱だった。

でも焚き火からすぐのアルミポッドは熱々の煤が着いているため、それがカーボンフェルトに付着。

ペリット剥がすと、なんだかアルミポッドから毛が生えたみたいになることが判明。

IMGP3190.jpg

このなんとも言えない陰毛感。

一応洗えば取れるんだけど、ストーブからおろした直後のクッカーならOKだけど、煤が着いた焚き火直後はあまり良くはないようだ。

何事も経験だね。


そんで最後のテスト。

若い時を思い出すために、ここで根性の寒中ギタータイム。

16_201512300809123d0.jpg

20代の頃の単独行時代は、夜に酒を飲みまくって焚き火の前でギター弾くのが楽しみだった。

なんせ誰も周りにいないし、ご近所の事を気にせず大声で歌えたから楽しかったのだ。

でも結婚して子供が出来ると、途端にギターを弾く事が無くなってしまった。

実に8年ぶりくらいのギターだったけど、なんとか弾けてあの頃を思い出せた。(余談だが、学生時代に僕がギター、ボーカルがアゴ割れM、ベースがゲリM、ドラムがシャクレYで「ミス汁」という名のバンドを組んでました)

こりゃ今後もソロで来れた時は楽しめそうだ。


ただし、あまりにも気温が低すぎて、たかがギターなのに指が凍傷になりかけた。

その度に指をくわえて暖めながらの、謎のちゅぱちゅぱおじさんと化してしまったのである。

14_20151230080915f4d.jpg

そして本日24回目くらいの「私は一体こんな寒い所で何をしているんだ?」という疑問が生じた頃、いい加減家に帰ろうと決意したのである。

こうして寒さに耐えて数曲を熱唱した流しのおじさんは、いそいそと家路に着いた。

彼のロンリー忘年会はこれにて幕なのである。


結果的に「晴れて日が射した根尾東谷川を撮る」という目標は叶えられなかったものの、非常に多くのテストを完了する事が出来た。

一日中こたつの中に入って、年末のテレビ番組観てるよりかは幾分かマシな一日を過ごせたはずだ。

まあ見る人が見たら「なんて寂しい一日なんだ」と思うだろう。

でもこれでも十分楽しいのであります。

自由と寂しさとはセットなのであります。

試行錯誤と我慢とマゾも、男のロマンなのであります。

強がってなどいないのです。

強がってなんかあるものですか。



さあ、これで正真正銘2015年の締めくくりが終わりました。

孤独な忘年会の様子、ご清聴ありがとうございました。

では改めて。


皆さん良いお年を!


また来年お会いしましょう。



スポンサーサイト

シャアとザクのゲリラ清流探索隊〜サイド7のズルムケ事情〜

Posted by yukon780 on 07.2015 根尾東谷川/岐阜 0 comments 0 trackback
higasi 2

清流に浮かんで周囲を窺う男達。

赤いドライスーツの男はオジン軍のシャア大佐。

彼は愛しき人の忘れ形見である愛艇「エルメス」に乗船し、このサイド7へと川下り調査に来たのだ。


そしてその大佐と共にこの調査隊に選出されたのが、緑のドライスーツを身にまとってザクに乗り込むドゥイッチョ軍曹。

この二人はオジン軍の中で「ダンディーズ」と恐れられる、いぶし銀のベテランハードボイルドパイロットだ。


今回彼らに与えられた使命は、サイド7のルート開拓。

サイド7とは地球名では「根尾東谷川」と言い、岐阜県本巣市を流れる川の事である。


以前大佐は本流の「根尾川」を、ニュータイプの息子リン・タローと共にすでに調査済み。(参考記事:ネオ・ブラボー!〜蝶の楽園への虫捕り大冒険〜

根尾川は上流で「根尾東谷川」と「根尾西谷川」が合流して出来ている川。

今回はその上流部である「東」の方を開拓するのがオジン軍の狙いなのだ。


それではそんなゲリラ調査部隊によるサイド7調査報告。

サックリと検証してみよう。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


【サイド7 調査報告書】


2015年11月29日(日) くもり

調査隊:シャア・マゾナブル大佐、ドゥイッチョ軍曹

モビルスーツ:エルメス1機、ザク1機



「根尾東谷川を調査せよ。」

そう軍命を受けた私と軍曹は、早速ア・バオア・クーから秘密裏に出立して現地に向かった。

ただ秘密裏に進めていた計画だったが、我が嫁から「先週泊まりで山行って今週は川ですか。ええ、そうですか。へー。」と重い精神攻撃を食らってしまった。

随分前から行く事は伝えていたはずだったが、どうもうまく意思の疎通が出来ていない。

ああ...ララァ...。

君とも分かり合えなかったが、ニュータイプとか云々よりも私は徹底的に女の人と分かり合えないようだ。


それはさておき、サイド7に降り立った我々は早速この世界の美しさに目を奪われた。

IMG_3581.jpg

conv0003.jpg

橋の上から見るサイド7の姿は、もはやスケスケランジェリーを身にまとった石原さとみ。

歳を取ると共に清純とエロスが混濁してしまったカオスなクリアウォーター。

そのぼってりとした妖艶な唇で、「早く私を探検してみ」と誘って来るからたまらない。


その場で前屈みにうずくまる私と軍曹。

さすがは連邦のエロい奴。

今すぐにでも突撃してビームライフルを乱射したい気分だが、そう簡単にいかないのがこのサイド7。

なんせこの川は深い渓谷の中を流れる川で、人間の侵入を中々許さない。

そこに行くには随分な斜度の崖を下って行かなければいけない。

それは逆に考えると、人が入りにくい場所からこそ清純が保たれているとも言える秘境なのである。


早速私と軍曹は、車で移動しながら最適な侵入ポイントを探って行く。

だがやはり中々良い場所が見つからない。

conv0006_20151203155117d57.jpg

木々の間からスッケスケのさとみが見えるのに、そこに行けないという歯痒さ。

サハラ砂漠のど真ん中で、キンキンに冷えたビールをチラ見せさせられるようなたまらなさなのである。


それでも必死で侵入し、崖を下り、なんとかルートを見いだしてやっと川へ。

IMG_3590.jpg

しかしここの岩がツルッツルだった事により、私はもの凄い勢いで滑って転んで臀部を強打。

最近切れ痔の勢いが激しくなって来た所に強烈なダメージ。

まだパックラフトに乗ってもないのに、早速我が赤い彗星がケツから出撃して垂れて来てしまうではないか。


スペース的にもここは決してスタート適地とは言えず、滑って痔主にも優しくないから却下。

ここから上流部も我々の技量的に危険な場所が多く、この場所から下流方面に探索の場所を絞った。


やがて道もない樹林帯の中から突然伸びる吊り橋を発見。

IMG_3606.jpg

私は「この先に川に下りる道があるに違いない」と判断して突入した。

すると濡れた橋はツルッツルに滑って、私はまたしても激しく転倒して臀部を橋にスマッシュヒット。

その勢いでデジカメが凄い勢いで回転しながら橋の奥へと吹っ飛んだ。


なんとかデジカメも私も橋から転落せずに済んだが、危うく死ぬ所だった。

どうも伊豆以来、最近我が背後に死神の手招きを感じてならない。

ただ寿命は伸びたが、我が痔命が縮んだ事は言うまでもないだろう。

しばらくは赤い彗星の大量出撃は決定的である。


で、結局この橋の先も川に下りる事が出来ず、ケツを抑えながら空しく撤退して来る私。

conv0015_201512031654066c8.jpg

結局新規突入口発見を諦め、距離は短くなってしまうが、以前ドゥイッチョ軍曹が下見で発見していたスタート適地を目指す事に。


そして向かったサイド7の集落。

そこの入口には、過去に侵入に失敗して連邦軍に殺されたオジン軍の仲間達の首が晒されていた。

IMG_9133.jpg

IMG_9135.jpg

ここから先は、まさにデッドorアライブ。

敵兵に見つかれば、このように容赦なく晒し首だ。


パイロットスーツに着替えた我々は、慎重にその集落に侵入して行く。

IMG_3610.jpg

バレたら晒し首と言っておきながら、この姿で歩くのが目立つ事目立つ事。

しかしいつ発見されて銃撃戦になっても良いように、ドゥイッチョ軍曹のザックにはザクのビームライフルが出撃準備万端だ。

IMG_3609.jpg

これは敵兵を狙撃する事はもちろん、水を入れれば焚き火消し用の水鉄砲にもなる優れ物である。


やがて事前に軍曹が調査済みだったポイントに到着して、

IMG_9152.jpg

IMG_3611.jpg

ついにサイド7の内部へと侵入する事に成功した。

IMG_3612.jpg

そして早速パッキングタイプのモビルスーツに空気を注入し、

02_20151203171938e8c.jpg

いざ、潜入ゲリラ調査スタートである。

IMG_3618.jpg

ドゥイッチョ軍曹は私よりいくつか年上の立派なおっさんなんだが、ザクライフル片手にコーフンしている様は完全に少年だ。

初めての川はそれほどまでに漢の血をたぎらせてならないのである。


この川は上流に上大須ダムがあるため、水量はその放水具合によって大きく変動する。

この日は通常水位よりやや水量のある状態で、渇水覚悟だったが中々快適に下って行く。

03_20151203172646a06.jpg

05_20151203172645d2a.jpg

そして下り始めてわずか2分。

早くも石原さとみが挨拶替わりの清流キッス一発。

conv0027_2015120410385284e.jpg

水の美しさはもちろん、この川は「苔」も美しい。

毎度家では嫁にコケにされまくって凹んでしまう私でも、この苔と清流のコラボレーションには軽失禁を抑える事が出来ない。

ザクも上唇が苔で下唇が清流のぼってり妖艶キッスにメロメロだ。

07_2015120410385683d.jpg

今日は天気が曇りだからスケスケっぷりは抑えめだが、これが晴れた日だったらと想像するだけで翌朝の夢精は間違いないだろう。

もしお母さんに「あんたのパンツ洗濯しようとしたらカピカピだったけど...」と言われたらこう言うが良い。

Unknown_20151207110920744.jpeg

と。


そしてコーフンが止まらない坊やは、GoProでそっとさとみのスカートの中を盗撮してみる。

すると中身はこんな淫らなことに。

09_20151204103854e61.jpg

10_20151204103853fac.jpg

まさかここまでノーパンだったとは。

田代マーシーも驚きの撮影結果である。


結局ほとんど進んでないのに即座に上陸し、おっさん二人でキャッキャと撮影会。

06_20151204103857197.jpg

さすがは天下のサイド7。

そう簡単には先に進む事を許してくれないようだ。


その後は渓谷独特の狭まった雰囲気の中を、苔・清流・時折瀬を楽しみながら快適に下って行く。

20_20151204110436123.jpg

14_20151204110438afb.jpg

22_2015120411043593b.jpg

そしてステキな川原を見つけては上陸し、川を下から上まで舐め回すようにつぶさに探索&堪能。

conv0039.jpg

IMG_3634.jpg

そして間もなく12月だと言うのに、私はさとみの誘惑に抗う事が出来ずに入水。

その身を彼女に委ねに委ねてプカプカ浮かんだ。

25_20151204111307b1a.jpg

役作りの難しさ、監督との意見の相違など、さとみの悩みごとに対して優しく相づちを打つシャアの巧みなピロートーク。

こういう時に知った顔してアドバイスは禁物だ。

出来る男は黙って相づちなのである。


そんな感じでダンディーズの探索は進み、

conv0041.jpg

いよいよ腹が減って来た段階で、本日の「ドゥイッチョコーナー」が唐突にスタート。

今回ドゥイッチョ師匠がドゥイッチョ(DIY)したのは、オリジナルの「パーセルトレンチ」であります。

IMG_3639.jpg

今にも突然トランペットでも吹き始めそうな雰囲気だがさにあらず。

これは焚き火調理時に鍋を載せたり、魚を焼いたりするための土台なのです。

IMG_3644.jpg

これで鍋が安定し、またしてもおいしいごはんが炊けてしまうという算段だ。


しかしこの日は数日間雨が降った後の雨上がりの日。

覚悟はしていたが、木に全く火が着かずに出るのは煙ばかり。

conv0046.jpg

極秘任務のはずが、まるで「我らはここにいるぞ」と言わんばかりの狼煙感。

当然ごはんも炊けないばかりか、風向きも変わってひたすら燻されて行く赤い彗星。

29_2015120411352510c.jpg

このままではスモーク・シャアモンになってしまう。

しかも10分近く風を煽り続けているが、完全に鎮火の一途。

もうこの頃にはドゥイッチョパーセルトレンチは取り外されて、ぬるま湯に浸った米をダイレクトに保温するだけの釜になってしまった。

IMG_3648.jpg

このままでは私は餓死してしまう。

するとここで再び本日の「ドゥイッチョコーナー」。

またしても彼がドゥイッチョしたのは「オリジナル固形燃料ストーブ」である。

IMG_3641.jpg

基本的に100圴に売ってるキッチンの流し台用のアレ(名前が分からん)に、ステンレスハリガネを取付けただけのシンプル構造。

でもスペシャルな軽さの上に、ご覧の威力。

conv0053_20151204113527b57.jpg

結局ドゥイッチョ軍曹は焚き火でのメシを早々に諦め、奮闘を続けるシャアの横でサクッと調理。

conv0051.jpg

あっという間にラーメンが出来上がった頃、シャアの焚き火は煙すら出て来ない状態に。

conv0057.jpg

で、結局シャア大佐は着火を諦め、部下であるザクに助けを求めるという情けなさが爆発。

conv0061.jpg

IMG_3650.jpg

やっぱずぶ濡れの木に火をつけるのは至難の業だね。

でも男である以上、濡れた木に火ぐらい着けれるようになれないと真のジゴロにはなれない。


一方で、ドゥイッチョ魂でスマートに男度を上げた軍曹は早速男らしく動き出す。

突然彼はシャア大佐に反旗を翻して攻撃して来たのだ。

33_20151204132421403.jpg

34_20151204132418058.jpg

40手前の男と40半ばの男の小学生のような戯れ。

男はいつだって少年と中2の心を持った、悪ふざけとオッパイが大好きな痛々しい生き物なのである。


そして効率が良いのか悪いのかよく分からない形で、シャアが必死に頑張って着けたわずかな火の鎮火作業をし、

32_20151204132422205.jpg

再び探索の旅へと出発。

36_20151204132416871.jpg

幅の狭い渓谷の川だから所々に瀬はあるが、基本的なテクニックがあればどうにかなる感じのちょうど良い瀬ばかり。

たまに豪快な倒木が出て来てワオッてなるが、エルメスとザクの性能を持ってすれば問題ない。

40_20151204133021364.jpg

そんな感じで瀬を越えて行くと、その先には再び石原さとみが両手を広げて待っていてくれる。

IMG_3681.jpg

ほんと日が射してないのが惜しまれるが、それは次回の逢瀬まで楽しみに取っておこう。

最初のデートからいきり立ちすぎると嫌われちゃう。

何事も徐々に徐々にである。


しかし曇っていてもこの川は雰囲気がいい。

ちょうどこのあたりから川が道から大きく外れて、人工物の一切見えないスペシャル区間が始まる。

当然道から確認する事も出来ない区間だが、そこは思った以上に広々とした楽園だったのだ。

conv0084_20151204133018ef3.jpg

conv0085.jpg

雰囲気が良すぎてゲロ吐きそうだ。

しかも「さあ、ここでキャンプしてくれ」と言わんばかりの広々とした河原がそこらじゅうにある。

流木も豊富で、川キャン好きには生唾ものの世界。

さらにここに来るには川を下って来るか遡上して来るかしかないから、ひょっとしたら夏場でも鮎釣り師が入り込んで来ない可能性がある。

もうそうだとすると、まさにここは私が長年追い求めて来た桃源郷。

四国や和歌山まで行かなくても、まさか家からわずか45分の場所に楽園があったなんて。

まさしく灯台下暗し。

初めて岐阜に養子として嫁いできて良かったと思えてしまった瞬間である。


しかも合流して来る支沢や滝も豊富で、男の探検心をあおりまくって来る。

44.jpg

夏場にはテンカラでアマゴでも釣りながら沢探検も楽しいだろう。

そして夜は釣ったアマゴを焚き火で焼きながらの極上河原キャンプだ。


さらに暑い日などは、最高な巨大清流プールまで併設されてるから子供を連れて来て遊んでもよし。

43_20151204133020398.jpg

サイド7の後半戦は、川屋にとってはとにもかくにもズルムケパラダイスなのである。

46_20151204135653763.jpg

50_20151204135653cef.jpg

51.jpg

53_20151204135658e1b.jpg

55_20151204135656dc1.jpg

57_20151204135709266.jpg

私は昔から理想の川に以下の条件を付けて来た。


1.渓谷の川で道からは見えず人工物も目に入らない

2.瀬とスリルはいらないからのんびり清流を楽しみたい

3.美しく潜れる淵があるのは絶対条件

4.ステキな河原が多くて流木も豊富

5.家から1時間以内で行けたら最高

6.夏に釣り師がいなかったら天国

7.アマゴも釣れた日には脱糞

8.スタートとゴールは河原に車で侵入出来るとシャア助かっちゃう

9.嫁が優しかったらさらに助かっちゃう


残念ながら8番と9番目の願いは完全アウトだが、このサイド7は他の7条件を全て満たしそうな雰囲気。

まだまだ開拓&調査の必要はあるが、ここはかなり良い所だぞ。

もはや気持ちよすぎて、最後の方は漕いでる場合じゃなくなって抱かれるに任せるのみ。

61_20151204140615f8a.jpg

若干肌が露出してる部分が凍傷になるかと思っちゃったが、それでもアヘアヘに気持ちが良かった。

そうしてたっぷり楽しんでると、やがて広い広いステキな河原に到達。

IMG_9146.jpg

ポツポツと綺麗な紅葉があるのも小粋な感じ。

そしてその粋な場所が今回のゴールであります。

IMG_3690.jpg

さすがは連邦が誇る清流要塞サイド7。

今回距離的にはわずか3キロほどだったが、河原が豊富な清流はこのくらいの距離がちょうど良い。

なんせ何度も立ち止まってはグダグダして結構時間は過ぎてしまう。

夏場なんて潜ったり釣りしたりアレしたりアレしたりで、この3キロ下るのに多分1泊2日は必要になって来るだろう。


ちなみにこっから先には巨大な堰堤があるため進めない。

IMG_9143.jpg

3mくらいの壁をよじ登り、魚道を歩いて下って行けばこの先も行けなくもない。

しかしそういう命がけの調査は、オジン軍の決死部隊長「ランボー大佐」の登場を待たねばならない。

私は彼の部隊で何度か殺されかけたから、子供が小さいうちはランボー大佐には自国で大人しくしていてもらおう。


それではこちらが今回の調査による、サイド7の詳細です。



せっかく家から近いから、これからちょくちょく侵入しては地道な調査を続けて行きたい。

ひょっとしたらまた仕事に行くふりして、有給使って登場する時もあるだろう。

その時にはきっと晴れ間が射した、極上妖艶な石原さとみをお見せする事が出来るでしょう。


それではこれにてシャア・マゾナブル大佐、ドゥイッチョ軍曹の報告は終わります。


ジーク・オジン!



【サイド7 調査報告書】  完


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


久々のニューリバー探検でございました。

この川は何気に10年くらい前から目を付けてたんだけど、中々一人で行く勇気なくて行けなかった場所。

それがパックラフトという道具を手に入れ、ドゥイッチョ師匠に出会った事でやっとこさ実現出来ました。


ってことでおまとめ動画。

今回の曲はWeezerの「Island In The Sun」。

IslandじゃなくてRiverだし、SunじゃなくてCloudyだったけど気にしない。

おおまかに訳すとこんな感じ。


「よく陽のあたるこの島で
僕たちは楽しく遊んで暮らすんだ
なんていい気分なんだろう
もう何も考えられないよ」


実はこれ、裏の意味はドラッグで現実逃避してイッちゃってる奴の歌だったりします。

ある意味イッちゃった清流中毒のおっさんふたりのit makes me feel so fineな世界をどうぞ。




あと、今回から現場で使ったウェア&ギアも出来るだけ書き残して行きます。

基本的にスカスカ脳で忘れっぽい自分のためだけど、参考にしたい人はどうぞ。


【Head&Hand】
ヘルメット/プロテック 「Ace Water」
キャップ/マムート 「MTR 201 Cap」
グローブ/NRS 「ハイドロスキングローブ」

【Body】
ベース上下/ファイントラック 「アクティブスキンロング」
ミドル上/パタゴニア 「R1」
ミドル下/モンベル 「ジオラインエクスペディション」
フルドライスーツ/パーム 「カスケード」
ライフジャケット/モンベル 「フリーダム」
防寒用/パタゴニア 「ナノパフ」

【Foot】
ソックス/スマートウール 「マウンテニアリング」
ウェーディングシューズ/エアリスタ 「ミニマリストWDシューズ」

【Gear】
パックラフト/NRS 「NRSパックラフト」
シート/サーマレスト 「リッジレスト ソーライト」
パドル/アクアバウンド 「スティングレイ・カーボン4P」
レスキューロープ/ファイントラック 「ゴージュバッグ25」

【Backpack】
ザック/エクスペッド 「トレント50」

【Food and Drink】
コッヘル/ロータス 「アルミポッド」
着火剤+ライター
無洗米1合+缶詰+行動食
箸/モンベル 「野箸」
水筒1/プラティパス 「プラティ 2L ボトル」
浄水器/ソーヤー 「ソーヤーミニ」
水筒2/ナルゲン 「OTFボトル」

【Camera】
コンデジ/キャノン 「S110」
ウェアラブル/GoPro 「HERO4silver」
三脚/JOBY 「アクションゴリラポッド」


プロフィール

yukon780

Author:yukon780
気の毒な男のネガティブな日常へようこそ!

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

興味のあるテーマを選んでね。

Visiter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
116位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
13位
アクセスランキングを見る>>

にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプへ
にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ
ブログランキング・にほんブログ村へ