スポンサーサイト

Posted by yukon780 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドMの達人〜花房山〜 後編

Posted by yukon780 on 04.2011 花房山/岐阜 0 comments 0 trackback
悲しみの冠山から車で1時間程。

花房山の登山道脇の駐車スペースに降り立った僕を、素晴らしい晴天が迎えてくれた。

IMGP1639.jpg

冠山を撤退して来て良かった。

しかしこの秋の登山シーズンだというのに、どうやら登山者は僕だけのようだ。
少々不安がよぎる。


登り始めた僕をさっそく出迎えてくれたのは急登オンパレードだった。

IMGP1644.jpg

ウォーミングアップなど許さない。

スタートから実に追い込み上手な山じゃないか。

エスカレーターをさらに急にしたくらいの急登が延々と続いている。

IMGP1647.jpg

急登、急登、また急登。

IMG_0555.jpg

名前に似合わず、一直線に頂上を目指す実に男らしい山だ。

くねくねと山を登るなんて認めない。のっけからこの山は僕を試しているようだ。


この山の木々はなんだか全体的に生々しい。

IMGP1648.jpg

今にも枝が触手となって僕を襲ってきそうだ。


休憩なんて許さない。急登パラダイスはどこまでも続く。

IMGP1653.jpg

体はひぃひぃだが、今の所僕の膝は大丈夫だ。

しかしこの道を下って行くことを考えると、膝の爆弾は西部警察並に爆発することだろう。


くりのき平という場所に到達。

IMGP1658.jpg

やっと落ち着いて休憩が出来るぞ。

名前の通り栗が沢山落ちていたので、秋的なこじゃれた写真を撮ってみた。

IMGP1664.jpg

この時に栗のイガイガで指を負傷した。やはりこの山はそういう余計な事は許さない。


1時間位の急登パレードはようやく落ち着きを見せ始めた。

IMGP1668.jpg

そして突如このようなものが現れた。

IMGP1672.jpg

これこそ正しい簡易トイレだ。

女性には嬉しい配慮だろうが、この山を登る女はアマゾネスくらいだろう。


そして、ようやくここからは落ち着いた登山になることだろう。

のんびりと秋の山を楽しむとしようか。


しかし登山道は急登パラダイスから、両サイドが切り立った痩せ尾根へと変化して行った。

IMGP1673.jpg

写真では伝わりにくいだろうが、歩けるルートはとても限られていて細い。

踏み外せばそのままライク ア ローリングストーン。

そしてここにきて得意の突風攻撃にさらされ始める。

寒いわ、歩きにくいわ、怖いわ、膝痛いわでもう最高だ。


やがて尾根上に、後に僕の中で「地獄への門」と呼ばれる木のゲートが現れた。

IMGP1675.jpg

妖々しくガッパリと口を開けて僕を待っている。

この門をくぐれば、その先は限られた者のみに許されたMの世界。

ようこそここへ。遊ぼうよマゾパラダイス。

僕は迷う事なく地獄への門を越えて行く。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

巨大な日本刀の刃先を歩く蟻のように突き進んで行く。

IMGP1690.jpg

多少開けた所に出てきた。

IMGP1697.jpg

一体山頂まであとどれくらいあるのだろうか。結構疲労もたまって来たぞ。

地図を見ても一向に現在地が分からない。

その後もよく分からないまま進んで行くが、どんどん登山道は不明瞭になって行く。

IMGP1699.jpg

ここで道はあっているのか?

IMGP1700.jpg

こんな光景で間違ってないのか?

IMGP1701.jpg

さては僕は遭難しているんじゃなかろうか?

ひょっとしていつの間にか頂上を越えていて、さらに奥へ奥へと突き進んでやしないか?

ひたすら不安の自問自答が続く。

こんな時こそあのiPhoneアプリの絶好の出番なのに、当然この山の地図は作っていない。

一体僕はどこを歩いてるんだろうか?


高度も結構上がって、周辺の山並みがたまに見えと中々の眺め。

IMGP1703.jpg

しかし、視線を登山道に移せば相変わらずのお下劣な道が続く。

IMGP1707.jpg

痩せ尾根は続き、木もなんだか扇状にはえちゃってよく分からない光景が続く。

IMGP1708.jpg

まるで小学生の組み体操のようだ。

痩せ尾根はその鋭利さを増して来て、より集中力が求められるようになって来た。

IMGP1709.jpg

ちなみに足下を見ればこんな感じだ。

IMGP1710.jpg

これが両サイドに展開され、道は綱渡りのような狭さで、なおかついい突風が吹いている。

僕は冠山を断念した時点でお気楽ハイキング的な気分でこの山をチョイスしたんだが、お気楽な要素は今の所何一つ見当たらない。


やがてやっと痩せ尾根パラダイスが終わり、道は鬱蒼とした樹林帯へと吸い込まれて行く。

IMGP1714.jpg

なんか晴れているのにこの山は全体的に暗いイメージがつきまとい、なにか悪魔的な気配を漂わせる。

一体誰が「花房山」などというチャーミングな名前を付けたのか?


突然巨大な岩が現れる。

IMGP1727.jpg

おどろおどろしい雰囲気を盛り上げてくれる悪魔のオブジェだ。


やがて突然に視界は一変する。

バサッと樹林帯を突き抜けると素晴らしい展望が開けた。

IMGP1730.jpg

IMGP1744.jpg

IMGP1745.jpg

見渡す限りの絶景じゃないか。

暗く切ない登山道を切り抜けて来ただけに、この急展開に思わず「うおっ」と声が出た。


さあ、こんな場面で実はもうひとつ試したいiPhoneアプリがあった。

このアプリを起動して周りの山々にかざせば、圏外でもその山の名前が分かってしまうというアプリなのだ。

IMGP1735.jpg

さっそくかざしてみた。

ほうほう、あの山が○○で、あの山が○○か。そしてあの山が冠山か。

ん。冠山?

まさかとは思うが、あの山頂が快晴に包まれた山が冠山なのか?

IMGP1768.jpg

おい、貴様なんで晴れてんだこの包茎野郎。

立派に雲がずるむけてしまってるじゃないか。

僕は本来登るはずだった冠山を苦々しく眺めた。

またひとつリベンジ対象の山ができてしまった。

ただ基本的に各地で惨敗を繰り返す僕には、リベンジの対象が多すぎて忘れてしまうんだが。


悔やんでも仕方がない。

ここまできたら制覇してやるぞ花房山め。

そんな僕の目の前に「急登」「痩せ尾根」に続く最後の難関が待ち構えていた。

マゾクライマーの十八番「薮漕ぎ」パラダイスだ。

IMGP1743.jpg

この背丈を越えるほどの薮をかき分けて行かなければ頂上へは行けない。

IMG_0557.jpg

道などは当然見えない。というか道はない。

ピンク色のテープだけを頼りに突き進んで行く。

この薮自体も、ごぼう並みの固さと竹のようなしなりで僕を襲う。

足下は見えないので、何か根っこ的なものに足を取られてはバサバサと倒れそうになる。



何度も心が折れそうになる。

ただただ辛くて不安で一杯だ。これが薮漕ぎか。

やがて頂上に…

IMGP1771.jpg

「スポン」って感じで抜け出した。

IMGP1765.jpg

着いた。頂上だ。

素晴らしい展望だ。360度の絶景。御岳だって丸見えだ。

IMGP1751.jpg

しかし薮漕ぎ前の展望とそうは変わらない。

無理して薮漕ぎしてくる事もなかった気もするが、登りきった事に意味がある。そう願いたい。


さあ、登頂の記念撮影だ。

花房山山頂の看板はどこだ。

しかし、何も見当たらない。

足下に三角点の奴があるのみだ。

IMGP1753.jpg

IMGP1757.jpg

なんて寂しい登頂記念写真なんだろう。

ここまで苦労してそりゃないんじゃないだろうか。

でもまあせっかくなんで、因縁の冠山を背景にパチリ。

IMGP1766.jpg

幾多の苦難を乗り越えて登った僕には、マゾの達人の風格すら漂い始めていた。


秋の登山シーズン。人気の山では大混雑する山頂も、この山は僕のものだ。悠々とメシを食らう。

IMGP1755.jpg

どうでもいいが、なにげなくコンビニで買ったこの商品。

IMGP1754.jpg

B'zの「愛のままにわがままに僕は君だけを傷つけない」に匹敵する長いネーミングだが実にウマかった。

キツかったこの山で食うからウマかったのかもしれないがおすすめの一品だ。


そして満足した僕は再び薮の中へと消えて行く。

IMGP1770.jpg

正直あの道を戻って行くのは気が引ける。

そして膝との戦いが始まる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

下山はただただストイックな世界だった。

やはり打撲した左膝を抱えての登山は無理があったのか。

下山開始30分で、僕は早くもいつもの「C3-PO」へと姿を変えてしまっていた。

すごく膝が痛い。

しかも左膝をかばいすぎたのか、右膝もかなり痛いじゃない。


さらに頭の中では何故か長渕剛の「とんぼ」が流れ続けてとても苦しい。

決して僕は長渕ファンでもなんでもないのに。この山の精神攻撃か。

意識すればするほど鳴り止まないWOW WOWとボストンバック。

皆さんも経験ないだろうか。

流れ続ける同じフレーズ。これって結構精神に来る。


やがて膝の痛みもぶっ飛ぶような出来事が起こる。

僕の視線の先をどでかい生き物が横切って行った。その距離40mくらいだろうか。

そして登山道から少しそれた位置で「そいつ」は僕の方を見ている。

立ち止まる僕。凍り付く僕。震え上がる僕。

「そいつ」は「あいつ」じゃないのか?

猿にしてはでかすぎやしませんか?

しばし時が止まる。

やがて「そいつ」は森の奥へと消えて行った。

もうめちゃくちゃだぞこの山。


そしていつもの子馬スタイルにて下山。

完全燃焼。

僕の両膝は大爆笑している。


恐るべき山だった、花房山。

満場一致で「日本サド名山」に認定だ。

景色は良かったが、恐らく二度とお前には登らないだろう。

さようなら、花房山。


ーーードMの達人〜花房山〜 おわりーーー


ーおまけー

その後温泉へ行った。

足裏マッサージをやっていたので、ボロボロになってしまった膝下をオーバーホールしてもらう事にした。

終了後、何となく足が楽になった気がしたが、何故か首を痛めた。

一体何のツボを押されてしまったのか。

その後寝違えたみたいにツってしまった首と膝痛と抱えて、男は帰路についた。

理由なく戦い続けるマゾの戦士は、もう次のステージを見据えているのだ。


スポンサーサイト

ドMの達人〜花房山〜 前編

Posted by yukon780 on 03.2011 花房山/岐阜 0 comments 0 trackback
IMGP1720.jpg

本来、僕はこんなお下劣な山を登るつもりではなかった。

ひょんな事から登ることになってしまった山「花房山」。

その可愛らしいネーミングからは想像もできない悲惨な山だった。


ろくな下調べも無く登って来てしまったが、帰宅後ネットでこの山を調べてみたら次のような言葉が踊っていた。


「急登の続く登山道」
「遭難事件があった山」
「熊の生息地」
「登るには覚悟が必要」
「普通の登山では物足りなくなってしまった達人のための山」


僕は達人でもなければ、今まで山で物足りない思いをしていない。

むしろいつも完全燃焼で下山している男だ。

膝に爆弾を抱えた素人が挑む「達人の山」。

まずはいつものように、なぜこんなことになったかを振り返ってみよう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

乗鞍岳での左膝の打撲から回復していない僕は、とにかく今週は軽い山に行こうと決めていた。

友人も誘って、1000m以下の里山をのんびり歩くんだ。

最初の候補は三重の「入道ヶ岳」。

しかし調べるとまだこの時期でもヒルで賑わっているらしい。却下だ。

そこで、友人の家と僕の家の中間あたりにある、養老の滝で有名な「養老山」に行こうと思った。


前日の夜にiPhoneアプリ用の地図をせっせと作った。

(この画期的なアプリについてはいずれ詳しくご報告しよう。簡単に言えば、圏外でも取り込んだ地図上で自分の位置が分かるというスバラシアプリ。遭難だらけの僕には持ってこいのアプリだ。)

しかし、友人が諸事情あって参加出来なくなってしまった。

そうなってしまった以上、養老山にこだわることもなくなった。

養老山もこの時期まだヒルズ達がいらっしゃるから、まだ行くことはないだろう。

しかも、嫁の都合で明日はりんたろくんを連れずに僕一人で山に行けることになった。


であれば少々遠めの山に行っときたいじゃない。

岐阜は豪雪地帯が多いから、行ける時に登りたい山が沢山ある。

そこでチョイスしたのが、「能郷白山」だ。

日本百名山にぎりぎりもれてしまった悲しい山。前々から実に親近感を覚えていた山だ。

もう夜も遅くなって来ていたが、またせっせとアプリ用の地図を作成する。

早く寝ないと。明日は早いぞ。


地図も出来上がり、寝る前に能郷白山をちょっと調べてみた。

そこには僕の眠気を覚ます言葉が綴られていた。


「現在岐阜県側から登山道に行く道は閉鎖されています」


なんてことだ。


即座に新しい山を探す。

もう0時を回っている。急がねばならない。


岐阜と福井の県境にある「冠山」に狙いを定めた。

ここも前から狙っていた山で、展望が素晴らしいらしい。

もう諦めればいいのに、また頑張って地図を作成する。

地図ばっか作ってる気がするが、山で迷わない為に必要なんだ。


すっかり夜も遅くなってしまい、結局2時頃に疲れ果てて眠りについた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いつも僕は寝坊ばかりするので、今回は根性で4時半に起きた。

少しでも早く行って、のんびりと秋の山を楽しむのだ。


車を走らせながら空を見ても、天気は実に素晴らしい晴れだ。

天気予報でも本日はひたすら晴れと出ている。

2周連続での裏切りは勘弁してくれよ。


道は深く深く山に入って行く。中々にアクセスにヘビーな山だ。


空には雲一つなかったが、前方の方になにやらモクモクとミシュランマンみたいなのが現れて来たぞ。

IMGP1614.jpg

僕の目指す冠山が「雲」という名の冠をその頂きに被り始めたではないか。


みるみる道は、先週の乗鞍岳のリプレイ映像を映し始める。

IMGP1615.jpg

ああ、またなのか。またですか。

IMGP1618.jpg

長い長いドライブの果て、失意の中僕はスタート地点の冠峠に辿り着いた。

IMGP1619.jpg

IMGP1621.jpg

暗闇に包まれる、おどろおどろしい光景が僕を歓迎してくれた。

そして風がすごい。とっても寒い。

とてもじゃないが、こんな状況で登り出す気にはなれない。

僕のテンションにはワクワク感のかけらもなかった。


しばらく車内で待機を決め込む。

天気予報も晴れだったんだ。いずれこの山を覆っている雲もどっか行ってくれるさ。

こういう時は焦らずじっと待とうじゃないか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

焦って来たぞ。

もう1時間も僕はこの峠の車内でじっとしている。

雲は消えるどころかその厚みを増し、風も寒風が吹き止まない。

せっかく気合い入れて寝坊せずに早起きしてかっ飛んで来たのに。

意味ないじゃないか。


たまに姿を現す冠山の山頂もすっかり雲の中だ。

IMGP1626.jpg

さっさとその雲の冠をむけよ、この包茎野郎め。


僕の手元のiPhoneのアプリはスタート地点で止まったまま、今か今かと僕が動き出すのを待っている。

IMGP1624.jpg

夜なべしてまで頑張って作ったのに。


駐車場に1台の車が止まり、4人組の熟女パーティーが降りてきた。

実に残念そうな彼女達。

ごめんなさい。すべては僕の責任です。


僕は決心した。

あの人達の為に、僕はここを離れるべきだろう。

そうすればきっと晴れるだろうし。


すっかり卑屈なネガティブ野郎になった僕は、別の山を本で探す。

近くてそこそこお気楽そうな山はないだろうか。

「花房山」が目に入る。

なんてやんわりした優しげな名前の山なんだろうか。

今日は仕方ないから、情報あまりないけどこの花房山を軽く登ってみるか。


僕は車で南下を始めた。

そこが達人の山だとはもちろんこの時は微塵も思っていない。



ドMの達人〜花房山〜 後編につづく

プロフィール

yukon780

Author:yukon780
気の毒な男のネガティブな日常へようこそ!

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

興味のあるテーマを選んでね。

Visiter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
88位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>

にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプへ
にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。