BEST BUY GEAR ベータ版、いざ出陣!!

Posted by yukon780 on 04.2017 ◉BBGのツレヅレ 10 comments 0 trackback

オギャーーーー!!




ようやくであります!

2016年5月の「ケンタッキー独立宣言」から早10ヶ月。

長い妊娠期間(企画温め期間)を経て、1月に産気づいて分娩台に入り浸ることジャスト2ヶ月。

ハイパー難産の末、この度ようやく我が子が取り出される日がやって来ました。

いよいよ「BEST BUY GEAR(BBG)ベータ版」の公開であります!


http://bbg-mountain.com

BBG.jpg

※PC推奨(スマホはしばらく未対応なため頑張って拡大して見てください)
※推奨ブラウザ:Chrome(Safariはちょっと動作ガタつくのと文字が細いっす)


まあ実際のところは本オープンじゃないんで、何気にいろんなところに問題ありありの状態ですけどね。

ただ実際に動かさないと見えてこない部分や調整できない部分があるんで、今回本オープンに先駆けてのベータ版公開となりました。

正直機能制限があったり、入力ミスありまくったり、バグがあったり、アイテム数少なかったり、画像が変だったりとツッコミどころ満載の状態ですが、まだ生まれたての赤ちゃんなんで長い目で見てやってほしいのであります。

むしろ最初は、新手の「間違い探しゲーム」でもやるつもりで気楽な感じでご覧ください。

僕らも把握してない間違いをご指摘いただけたら、Twitterで美しい土下座を披露いたします。



さあ、サラッと言い訳を一発かましたところで「BBGとはなんぞや」ってのを簡単にご説明しましょう。

まず一言で言えば、BBGは「アウトドアギア専門の比較サイト」です。

アウトドアって言っても、いわゆるファミリーキャンプ的なものじゃなくて、登山・クライミング・トレラン・バックカントリー・カヌー&カヤックに特化したアウトドアです。


本オープン時にできることは大きく分けると以下6点。(※画像は開発中のもの含まれてます)



①検索&絞り込みで目的のアイテムにたどり着ける!

555.png


②悩んだら比較機能を使ってより細かくアイテムを比較!

2_201703041617236f6.png


③アイテムが決まったら国内外の最安値ショップ見つけて購入!

5_20170304161726f2d.png


④気になるアイテムはウォッチリストにストック!

4_20170304161724123.png


⑤アイテムごとに写真付きでレビューが読める&書ける!

3_2017030416172858c.png


⑥BBG独自視点のリアルなギアレビュー記事が読める!

6_20170304161721102.png




以上が基本機能。

機能だけ見れば良くあるものだけど、アウトドアギアに完全特化したものは現在の日本には存在しません!(この響きが大好き)

そんな中でもBBGならではの特徴が4点あります。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


①「BBGだからこそできる垣根を超えたアイテム比較」


例えばテントを買おうとしたとします。

今までだと、各メーカーサイトや各ショップを徘徊していろんなテントの情報を集めてました。

でもショップだと当然取り扱ってないものもあるし、日本の代理店が扱ってないものは海外サイトまで調べなきゃいけないし、雑誌とか読み漁っても一方的なオススメ情報しか載ってません。

ULテントが流行ってるから特集したよ!さあこの中から選びましょう!って言われても、それを望んでる人にはちょうど良くても耐風耐久力重視のガチ山岳テント探してる人にとってはどうでもいい情報。

で、結局僕らは果てしないWEBの荒野を彷徨う羽目になり、ぐったりと疲弊して、挙句変なものをクリックして「大失敗」なんて流れは誰しもが経験してることと思います。(特に僕)


しかしBBGでは「国内外のブランドのアイテムが可能な限り網羅」されているのです!(目標ね...今はまだスカスカ)

もちろんビッグなあのブランドから、マニアックなあのガレージブランドまでごっそりと同じ土俵で戦ってもらいます。

そこにはメディア的な誘導&押し付けや、資金力を盾にした大手のブランド戦略などは一切存在しません。

メーカー側にはリアルな「商品力」でのみ勝負してもらい、ユーザー側はストレートに「自分にあったもの」を選んでもらうという、本来あるべきシンプルな需要と供給の場がBBGなのであります。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


②「あやふやなカテゴリの統一」


アイテムを選ぶ際に困るのが、ブランドやショップによってカテゴリーが統一されていない件があります。

アイゼンって書いてあるとこもあればクランポンって書いてあるとこがあったり。

テントで言えば、テントでひとまとめにしてるとこあったり、テントとシェルターでちゃんと分けてるとこあったり。

とにかくブランドやショップによってそのアイテムが入ってるカテゴリが違ったり表記が違ったりするから、選ぶ方は結構紛らわしい。

アウトドア業界って特にカテゴリのあやふや感が紛らわしいんですよ。


そこで各ブランドのアイテムを「BBG基準カテゴリ」に振り分け直して統一させました。

これ、地味に大変な作業で未だに精査中で完成形にまで至ってないけど、逆に言えばユーザーの意見を反映させながら、そのアイテムのカテゴリ適所ってのを確立させていきたいのです。

そしてこのBBG基準が、今後のアウトドア界の一つの指針になってユーザーの利便性が上がれば最高っす。


後何気にBBG独自の「カルチャー」ってカテゴリがいい感じなのですよ。

山や川にまつわる映画や小説や漫画がまとまってるんですよ。

ここだけでも一見の価値があるかと。(情報かき集めるの大変だった...)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



③ユーザーのユーザーによるユーザーのための現ナマレビュー



さあ、ここまでは「商品力」からの絞り込み作業でした。

ある程度「よし、このテント買おう」ってなっても、やっぱりアウトドアギアは高価なものが多いんで、できるだけ失敗しないために実際に使った人のレビューを確認したいところです。

どうしてもメディア発信のギアレビューだと、色んなしがらみもあってか良いことしか書いてないところが多いのが現状。

で、実際使ってみると「話が違うじゃねーか」なんてことも多々ありました。(もちろんしがらみに左右されない信頼性のあるライターさんやレビューサイトはいくつかありますよ)


僕らが知りたいのは、自分と同じような一般ユーザーのリアルでフェアなレビューです。

良いものには良い、ダメなものにははっきりと「ダメダコリャ。実際使ったら設営に時間かかるし結露も半端ない。使えねー。」とか言ってる現場のリアルなレビューが見たいんです。

だからBBGのレビューは誰もが気軽に投稿しやすいシンプルなものとなってます。

基本的に「本音で辛辣な意見まで書いて欲しい」から、管理者側から情報統制はしません。

もちろんだからって「うんこ」とか「ちんこ」とか書いてくるくせ者は速攻で削除するけど、小さなことでも良いから(テントのジッパーが噛みやすくてイラつくぜ、チクショー!とか)遠慮せずどんどん書いて欲しいのです。

画像も投稿できるから(ベータ版は1枚のみ)、具体的にジッパーが噛んでる写真を嫌味のように載せることも可能。

ユーザーがそれらのレビューを見て参考にしてもらうのはもちろん、BBGとしてはメーカー側にもそんな現場の声を感じてもらって、今後の商品作りに生かして行って欲しいんですよ。

そして日本のアウトドア界のレベルが全体的に底上げされるのがBBGの最大の目標なのであります。


ちなみに何気に嬉しいのが、なんとそのアイテムのYouTube関連レビュー動画まで観れちゃうおまけ付き。

8_20170304165404bf4.png

日本と違って海外の奴らはやたらとレビュー動画投稿が好きなので、海外中心の関連動画が観れます。

英語がわかんなくっても、アイテムのディテールやテントの組み立て方とかかなり参考になりますよ!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


④海外ショップも含めた最安値情報


レビューも確認してあとはポチッとするだけって状態になってからでも、今までだとまだまだ安心はできませんでした。

なぜなら「そのアイテムをどこで買うのがお得なの?」を調べるという、新しいWEB荒野への旅路が待っているからです。

しかし、ここでも情報サイトのBBGだからこそできることがあります。


BBGでは、アイテムごとに楽天、Amazonという国内最大手ショッピングモール内の最安値価格が表示されるようになっています。

もちろん最安値表示に関しては精度の問題がいちばんのネックになってきますが(関係ないアイテム情報拾っちゃったり、最安値じゃなかったり)、最安値情報一覧までユーザーを最短距離で誘導できるようになっています。

これでもう余計なWEB荒野への旅路はいりません。全部BBG内で事が済みます。

しかもここでの最大の画期的な特徴は、国内だけにとどまらず、海外の低価格アウトドアショップの最安値価格も表示されるってことです。

海外ブランドの多いこの世界では、「日本に売ってないから」「海外のが安いから」という理由で個人輸入をしているユーザーも多いと思います。

安心短納期の日本で買うのも、ワクワク長納期の海外で買うのも各ユーザーの自由。

BBGはとにかく有益な情報だけを提供し、ユーザーは自分に合った行動をするのみ。

在庫を持つショップだとどうしても取扱いアイテムのピックしかできないけど、フリーダムなBBGでは全てが「ユーザー本位主義」なのであります。

海外からの購入に関してはいずれショッピングガイドを作って、転送サービスも含めてわかりやすく解説します。


※海外サイト価格に関してはベータ版では未実装っす。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


以上、BBGの簡単な機能と特徴のご紹介でした。

正直現時点ではまだ未実装のものや精度の低い状態のものが多いですが、時間をかけてこの形をしっかり確立させていきます。

もちろん本オープン後もBBGは「終わらない完成形」に向けて日々成長をしていく予定です。

実はここまでの機能は僕ら的には「ベース」部分であって、もっともっとやりたいことやユーザー意見を取り入れたいことがわんさかあります。

今回のBBGが「フリーザの第一形態」だとするならば、僕らの目指す完成形が「ツルツルのフリーザ」だと認識してくれればイメージが近いかもしれません。

まだまだBBGはベータ版なので歩くことも喋ることもできない赤ちゃんですが、数年かけてアウトドア好きな奴らにとって「なくてはならないサイト」に育て上げていくつもりです。

兎にも角にも「現場ユーザー第一主義」の元、みなさんの意見を取り入れながらスクスクと育てていきます。

でもって、結果的にユーザーもメーカーもショップも「総ハッピー」な状態が究極目標っす!


まずはこのツッコミどころ満載のベータ版を調整し、恥ずかしくないレベルまで持って行っての本オープン目指します。

そこからは随時機能を追加して、皆さんとともにと成長を続けていきます。



どうか今後とも、この子(BBG)のこと、よろしくお願いいたします!




HB 2



スポンサーサイト

BBGメインキャラクター「モリオ」登場の巻

Posted by yukon780 on 03.2017 ◉BBGのツレヅレ 0 comments 0 trackback
間も無くBBGベータ版の公開であります。

本当に紆余曲折の末にやっっとこさここまで来たって感じっす。


そこで今回はベータ版公開に先駆けて、我々の新しい仲間を紹介したいと思います。

だいぶ前からちょこちょことシルエットだけは出てましたが、今回が初のお披露目となります(と言いつつ一回ミスでインスタグラムに投稿しちゃって後から慌てて消した経緯あり)。

非常におぞましくも、カッコよくて力強さ溢れるモンスターです。

ではご紹介いたしましょう。














ジャジャン。


「モリオ」です!

morio.jpg

一切のゆるさを感じさせない硬派なるキャラクターのこの「モリオ」。

BBGにもやっぱりイメージキャラクターいるだろうってことで、だいぶ早い段階で誕生してましたが、今回ベータ版公開を前にやっとお披露目の時を迎えました。



簡単に彼のことを紹介しておきましょう。



名前は「モリオ」で、ビッグフットに似ているけど種族としては「ビックリフット」です。

基本的な生息地は不明ですが、ロッキー山脈や鈴鹿山脈あたりでよく発見されています。

苗字は林田。

身長はドラえもんより少し大きい130cm。

愛・地球博のモリゾーを非公式にライバル視しており、東山動物園のシャバーニに憧れている。


この時の姿は、こっそり山に遊びに行こうとしてるのが嫁さんにバレてびっくりして振り返ってる時の姿ですね。

山や川で遊ぶのが大好きで、たまに家族に仕事に行くと嘘ついて有給とって遊びに行ったりしています。

普段は養子として肩身の狭い生活をしていており、家の中ではいつも咳き込んで体も弱いですが、山や川にいるときだけはハツラツとしています。

胸のMの毛並みは、モリオのMともドMのMとも言われていますが、未だその理由は解明されていません。

好物はうどん。

好きなタイプは菜々緒。

最近の悩みは四十肩と結膜炎。

毛の奥の肌はいつもカサカサしていて、この時期は静電気に悩まされています。

口癖は「こんなはずじゃなかったのに...」です。



これからは皆さんも登山中や川下り中に不意にモリオに遭遇することがあると思います。

その時はあまり刺激しないようにしてください。

彼はビビリで打たれ弱いんで、大声で罵倒とかせず、慌てずゆっくり微笑んでやってください。

基本的に寂しがり屋さんで、かつ優しさに飢えているところもありますので、できればそっと抱きしめて「大丈夫...大丈夫だから...」と言ってあげるといいでしょう。



そんなモリオですが、BBGでは主につぶやき担当としてトップページで新着情報をつぶやいてくれます。

tui.png

今後モリオをどう扱って行くのか全くノープランですが、どうか皆さん彼を愛してやってください。

いずれは彼にもモリコとかモリマンとかいう名前の優しい愛人でも作ってやりたいところですが、今はそんな時間ないんで彼にはしばらく画面の隅っこで孤独につぶやき続けてもらいましょう。



つぶやきってことで言えば、今更ながらTwitterを始めてみました。

http://twitter.com/BEST_BUY_GEAR

bbgtwiのコピー




ってことで、今後BBG発信の公式SNSの役割はこんな感じです。


Facebook……公式広報担当。新着情報やギアにまつわる情報提供。

Instagram……カッコつけ担当。現場で使ったギアや山や川のステキ写真。

Twitter……スタッフのストレス発散担当。どうでもいいこと呟いて個人的にスッキリします。



それではまた近いうちにBBGベータ版公開を発表します。(できるか?)


モリオのこと、よろしくお願いいたします!


分娩台よりこんにちは

Posted by yukon780 on 24.2017 ◉BBGのツレヅレ 6 comments 0 trackback
難産である。

少し頭が出てきたかと思えば、また引っ込んでしまうBBGベータ版。

必死でヒッ!ヒッ!フッー!ってしても「B」がチョロっと見えてはまた消えると言ったもどかしい状態。

とにかく出産までに時間がかかりまくってるが、我らも立派な中年なのでいつまでも体力はもたない。

とにかく時間との戦いなのだ。


一つの山をクリアしては、再び新たな問題が発覚。

そしてそのまま次々と激戦の渦に巻き込まれるという、難題のわんこそば状態。

ドラクエ的には「くちぶえ」を吹き続けているような状態で、2歩歩けば敵に遭遇するという大消耗戦線。

なんとか苦労して100歩進んだかと思えば、突然桃鉄的な「ぶっとびカード」が飛び出して本筋と全然違う場所に飛ばされて絶望にまみれることも。

それでもなんとか頑張って本題に戻ってきても、聖闘士的なアナザーディメンションにはまって双児宮的から全く抜け出せないという絶望感。

そんな中でも歯を食いしばって双児宮を突破したかと思えば、三杉くんのオフサイドトラップに引っかかってる始末。

とにかくゴールに向かって猛進してるつもりでも、気づいたら仏様の手のひらの上にいた的な感じでなかなか前に進めないのである。


そんな激闘の毎日を、完全なる無収入状態で駆け抜けるという壮絶なるスリル。

それは水も持たずにタクラマカン砂漠のど真ん中を漂流しているような恐怖。

もちろんそんな時でも、我が四十肩は常時フリッツ・フォン・エリックにアイアンクローを決められているような状態。

毎年恒例の百日咳の調子だって絶好調。

白髪の数が増えたのはいつものことだが、最近抜いた鼻毛すらも白くなっていたことも地味にショック。

そんな状態で駆け抜けた2ヶ月間だった。



という、長く回りくどい言い訳の末に言いたいことはただ一つ。

「2月中にはなんとかベータ版公開だ!」なんて言っておきながら、どうも3月中頃までベータ版公開が伸びそうでございます...ってこと。

ほんとは2月頭にベータ公開、3月には本オープンと行きたかったけど、ちょいと作業が難航しております。

まるで「間もなく始まります!」って言いながらいつまでも始まらないTBS亀田祭りみたいな状態なってますが、どうかチャンネルはそのままでもう少しだけお待ちくださいませ。


大手企業みたいに資金と時間と人出があれば良いんだけど、なんせ夢しかないWEB素人チェリーボーイの二人が、必死こいてホットドックプレスを参考にしながら手作りしているもんですから...。

とは言え、だからこそ土臭くもアウトドアギア愛にまみれ、おばあちゃんの愛情弁当的な良いサイトが出来上がりつつあります。

多分オープンしても色々問題は出てくるでしょうけど、そこはユーザーの皆さんに指摘して貰いながら、じっくり時間をかけて真の完成に向かっていければなぁと。

でもって山本昌くらい息の長いサイトになってくれれば最高です。



と言っても、みんなもいつまでも完成を待ってくれないでしょうから引き続き頑張ります!

なのでもうちょっとお待ち下さいませ。

また進捗お知らせ致します。


なんとかサグラダ・ファミリアよりは早く完成させてみせます。



ファイティング田沢のささやかなる休日風景

Posted by yukon780 on 17.2017 ◉BBGのツレヅレ 0 comments 0 trackback
相変わらずのハードなる日々。

わかっちゃいたけど、一からWEBサービスを作り上げていくことはやはりとんでもなく大変なことだ。

そもそもBBGがやろうとしてることは、ありそでない前例のないサービス。

もちろんそれを今まで誰もやらなかったのは、やらなかったなりの理由がある。

それは「アホほどしんどい作業だから」に尽きるのである。


僕が記念すべきリアル嘔吐を決めた南アルプス小太郎尾根。

そこをうどん一杯だけで500往復くらいさせられてる感じの、ハードかつ地味な毎日なのである。


今年に入ってからほとんど休んでないというリアル廃人一直線。

さすがにこのままではプレオープン前に喀血して、三途の川への入り口がプレオープンしてしまうことは火を見るより明らか。

子供たちとも満足に触れ合えていないため、いつか「知らないおじさん」と呼ばれてしまう可能性だってある。


そこで作業にわずかな隙間を見出した日に1日休みを取った。

本音を言えば心いくまで家で眠り続けたかったが、この溜まりに溜まった「アウトドアへの渇望」が体を休ませることを許さない。


山に行きたい。

子供たちとも触れ合いたい。

嫁の機嫌も取っておかねばならない。


そんな私に残された道は「スキー場で家族団欒」という選択肢のみ。

これなら雪山への渇望も、家族との触れ合いも果たせて一石二鳥。


天気予報を見れば「快晴」の二文字。

働き詰めで滅多に休めない僕に対する天からのプレゼント。


さあ、しっかり焼き付けておこう。

この疲れ果てた体に快晴という名のこの猛吹雪を。


IMGP7114_20170217204254e11.jpg

太陽の光は1mmも注がない核戦争後のようなこの世界観。

まるで食料と水を求めて核の灰にまみれた200X年の世界を彷徨う流浪の親子。

僕が長いことオフィスで仕事している間に、世間では吹雪のことを快晴と呼ぶようになったのだろうか?

いや、よく考えたら昔から快晴と言えばこうだったな。

たまの休みだからこそ、神はいつもと同じ世界を提供するという小粋な計らいをしてくれたのである。

感謝感謝である。


そのあまりの豪雪っぷりに、駐車場からゲレンデまで行くのに「ラッセル必要か?」と覚悟してしまったほど。

これは雪山に飢えた身にとってはたまらないご褒美だ。

しかもハーネス持参で子供二人を引きずっての行軍。

たとえ家族サービス中だろうと、己へのおマゾサービスにも万事抜かりはない。

IMGP7113.jpg

久しぶりのそんなお父さんとの触れ合いに喜ぶ子供たち。

今まで天候不良で散々現場で悲惨な目にあって来た彼らの、「またか」というこの嬉しそうな顔。

IMGP7118_20170217205551fef.jpg

たまに帰ってきて連れ出されたと思ったらこの苦行。

雨のような勢いで降る雪で、ゲレンデに着く前からずぶ濡れ遊戯。

せっかく遊びに来てまだ何もしてないのに、僕はただただ「ごめんね、ごめんね...」と言うことしかできない。


しかも今日は子供たちだけじゃない。

今日はあの伝説の嫁まで一緒なのである。

普段は絶対に外遊びについてこない嫁を、僕は「せっかく快晴なんだし、たまにはあんたも一緒に行ってみようよ」と誘ってしまっていたのだ。

まさかこんな吹雪にまみれるなんて予想もしていなかったので嫁は普通に街行きの格好。

当たり前だがみるみる嫁はずぶ濡れになって行き、全身から怒りのオーラを振りまきながらの漆黒の無言。

IMGP7119.jpg

時折その闇の無言の中から小さな声で、「帰りたい...」とか「ふざけるな...」とか「やっぱりな...」とか「死ね...」とか聞こえてくる。

僕は毎回彼女にアウトドアを好きになってもらおうとたまに連れ出すが、毎度雨か強風か吹雪。

彼女がアウトドアを好きになれない一番の要因はどうやら僕に原因がありそうである。


ゲレンデに着くと、普通なら子供達が「わーい」と走り出して雪遊びがスタートする局面。

しかし眉間にしわを寄せまくったこの家族は、無言のままレストハウスに直行。

到着直後のまさかの「避難」である。


ひとまずまだ何も遊んでないのになぜかずぶ濡れの体を乾かすべく、腹も減ってないのにもう昼飯。

嫁は「こんなところの水は信用できぬ」と水は飲まんし、基本的に駐車場から一貫して笑顔がない。

子供達も、やたらに激しい外界より、このレストハウスで携帯ゲームしてる時の方がはるかに楽しそうである。


さすがに天も「これじゃさすがにかわいそう」ってんで、ほんの少しの間吹雪を止めてわずかな晴れ間を提供。

「嘘?遊ぶの?帰らんの?」とオーラで語る嫁に見守られながら、僕はやっと子供達とソリ遊びなのである。

IMGP7125_20170217211424276.jpg

そこはやはり子供。

いざそり遊びが始まれば実に楽しそうに笑顔が弾ける。

お父さんももう少しで「知らないおじさん」どころか「虐待おじさん」と呼ばれる寸前だったが、ここでようやく楽しいひと時。


かと思いきや、2発目のこーたろくんのソリがものすごいスピードで落下してくるではないか。

これは危ないと判断した僕は、慌てて下で激しい勢いのソリを受け止める。

そしてそのまま車に轢かれた人みたいに跳ね飛ばされて一回転。

カマーホリック以来の衝撃。

そしてその瞬間、背中に「グギッ」という鈍い音色。


僕は「ぐああっ!」と叫び、背中に手を当てようとしたら四十肩の痛みが襲って来てさらに「ぬぐおおおおお!!」と悶絶。

もはやどこが痛くて何が起きたのかもわからない、「倍率ドン!さらに倍!! 」といった痛みのクイズダービー状態。


もちろんそんな僕を見る嫁の表情はご覧の有様。

そこには「心配」という言葉が入る余地が一切ない、鉄壁の無表情が存在していた。

iwaizouonna.jpg

基本的にどんなに僕が災難に見舞われても「またか」といった感情以外が彼女から生産されることはない。

むしろ死んでなかったことへの苛立ちすら感じてしまうほどである。


それでも戦うお父さんはここで止まるわけにはいかない。

結構ヤバめの痛みだが、これはたまの休みなんだ。

子供達の笑顔のために歯を食いしばってソリ遊び続行だ。


すると僕の「不運」というDNAを受け継いでいるのか、すごく楽しそうに笑ってソリしていたこーたろくんに他の子のソリが激突。

たちまちこーたろくんとその子は大号泣。

別に大した激突じゃなかったが、さっきまで能面だった嫁がすごい勢いでこーたろくんに駆け寄り「大丈夫!」となでなで。

圧倒的な格差を感じた瞬間である。


で、これによりこーたろくんが「スキー場怖い。もう嫌。」と一切遊ばなくなり、仕方なくソリ遊び中止。

僕も背中が激痛だし、嫁も不機嫌なのでもう帰ろうとも思ったが、実際遊び始めてまだ30分も経ってない。

たまの休みで、こんな早漏撤退をかますわけにはいかない。

りんたろくんも「かまくら作ってよ」と手負いの父に容赦ないリクエストをしてくる。

なのでここからは、背中と腰に最も負担がかかるかまくら作りに背中と腰と肩を痛めた疲労蓄積男が挑む。


で、汗だくになりながらなんとか完成。

IMGP7134_20170217214239fcf.jpg

勢い余って貫通してかまくらというかトンネルになってしまったが、これが父の愛である。

しかしこのかまくらに最初は喜んでいた子供達だったが、光の速さで「飽きた」と言ってその渾身の作品を見捨てて違う場所で遊び始めた。

そこに残されたのは悲しいかまくらの残骸と、激痛と疲労に耐える一人の老人のうなだれる姿だけである。


それでもその手負いの老人は、子供達をバックフィリップやダブルアームスープレックスで新雪に向けて放り投げる。

きゃっきゃっと喜ぶ子供と、痛みに耐え脂汗にまみれる男と、能面の女。

とりあえずこれで家族との触れ合いも果たせたし、山の空気も吸えたし、マゾれたし十分でしょう。


そんな感じで、やっと手に入れた休みを余すことなく肉体破壊に費やすことに成功。

おかげでその日から寝返りだけで背中に激痛が走り、四十肩も相まって遊びに行きたくても遊びに行けない体が仕上がった。

これでまた遊び心を封印して、ひたすら仕事に集中することができる。

休みの日に体を休ませることなく、いかに疲労蓄積と肉体破壊を成し遂げられるか。

そこが仕事のできる男の秘訣なのである。



そして現在に至る。

今の僕は背中の痛みと肩の痛みだけでなく、喉の痛みと頭痛というアドオン機能が追加されている。

そう、おなじみの風邪である。

「絶対に風邪ひかないように」って、ジョンボーAがわざわざ僕の真横に空気清浄加湿器を設置してくれたにもかかわらずである。

嫁や子供たちには愛されないが、いつだってウィルスだけは僕の味方だ。

彼らだけはいつでも僕を愛してくれるから、ありがたくて涙と咳が止まらない。


でもって、弱り切った状態な上、実際作業は難航している。

2月中のプレオープンを目指していたが、波状攻撃のように問題が山積しまくってもう少し先に伸びてしまいそうな雰囲気。

このまま課題のラッセル中に雪崩に巻き込まれてオープン前に死んでしまいそうだが、それでも前に前に進んでいくしか道はなし。


とりあえずダメだった時は仕方がない。

そのまま松尾とともに、借金返済のためにしばらくはベーリング海でカニ漁に励むことにします。

いつかこのブログの更新が途絶え、ディスカバリーチャンネルで見慣れた東洋人が二人出演していたらそれは松尾と田沢です。

肩と背中抑えながら廃人顔でカニ引き上げてるのが僕で、荒波によって極寒の海に放り投げられてる若手クルーが松尾でございます。


そんなことにならないよう、なんとか家族のためにも頑張らんと...。


山も川も行きたいが、とりあえず整形外科に行く時間が欲しい...。




先生...登山がしたいです...

Posted by yukon780 on 03.2017 ◉BBGのツレヅレ 0 comments 0 trackback
壮絶な日々が続いている。

「オラ、遊び人になる」と宣言してから、この数ヶ月全く遊べていない。


山や川どころか陽の光すら浴びず、疑似芝生が敷き詰められた狭い室内でひたすら作業に邁進する日々。

おまけに打ち込み作業しすぎたのか、それともただの老化なのか、兎にも角にも四十肩が痛いのなんのって。


これが三井くんだったとしたら、そのまま登山を引退して不良コースまっしぐら。

しかし安西先生が「あきらめたらそこで人生終了だよ」なんて言うもんだから、窓から見える伊吹山とか御嶽山とか見て見ぬ振りしながら歯を食いしばってひたすら作業に集中。

とにかく時間が足らなすぎるから、肩が痛いだの嫁が優しくないだのと言ってる場合じゃないのである。

もし今木暮くんあたりがヘラヘラと「もう一度一緒に登山やろうぜ」なんて言ってきたらグーパンチなのである。

でも肩痛いからそれもできません。


それでも今までの勤め人時代のこと思えば本当に充実した日々だ。

曜日感覚がなくなるほど追い込んでやってるけど、やらされてやってるわけでもないし、好きなことと向き合って良いものを作ろうって思いがあるから時間が早いのなんのって。

もちろん思い通りにいかなくて大変なことは多いし、とてつもない不安に襲われることもあるけど、選んだこの道にもはや迷いはない。

一人だったら早々に押しつぶされてただろうけど、我が社には頼れるザイルパートナーのモンゴリアン松尾がいるから本当に助かる。


しかし最近四十肩に始まった僕の老化が激しすぎて、度々その松尾を不安にさせている。

繋がっていないことに気づかずにMacで音楽かけながらヘッドフォンしてたり、仕事中にバランスボールでバランス崩して転倒したり、コーヒーを大きな音でズズーってすすって「ブハーッ」ってうるさかったり、受話器取ろうとすれば静電気にやられて悶絶しながら電話に出るし、トイレでは温かい便座があるのに気づかずにずっと冷たい便座使い続けて文句言ってるし、カードキー持たずにトイレに行ってオフィスに戻れなかったり、メシ食う時はずっと顎がポクポク鳴ってたり...。

挙句、外付けHDDが動かなくなって一人でパニックになってはまた静電気にやられて「グアア!」とか言ってて騒々しいことこの上なし。


しかしこのハードな環境(全部自分の問題)に負けることなく、スーパー地味な登録作業はしっかり進んでいるのであります。

そしてなんとか2月中には「ベータ版」を公開できるかな?できないかな?ってな段階までこぎつけました。

その時までもうしばしお待ちくださいませ!


現状は、今年に入ってから2日くらいしか休めてないというスーパーブラック企業っぷりだが、それもこれもしっかりした土台を作ってから再び山や川に戻るための踏ん張り期間。

いい加減体育館に座り込んで「先生...登山がしたいです...」と涙してしまいそうだが、まだ湘北チームに戻るには早すぎる。


兎にも角にも、一歩でもでも先へ、一アイテムでも多く。

今日もカタカタとキーボードを打ちまくる。




静かにしろい この音が……


オレを甦らせる。何度でもよ



おう


オレはマゾ井。


あきらめの悪い男…




今日も四十肩抱えてせっせと登録作業さ


thumbnail.jpeg


プロフィール

yukon780

Author:yukon780
気の毒な男のネガティブな日常へようこそ!

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

興味のあるテーマを選んでね。

Visiter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
111位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
13位
アクセスランキングを見る>>

にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプへ
にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ
ブログランキング・にほんブログ村へ