スポンサーサイト

Posted by yukon780 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怒りの休日〜爆発編〜

Posted by yukon780 on 30.2011 マジョガー生活 0 comments 0 trackback
日曜日の夕方。

もうじき快晴の土日が終わろうとしている。

この奇跡の快晴連休に、遊びに行けなかったばかりか悲惨な時間を過ごしてしまった。

結果僕の中に不満のマグマが充満し、亀裂から湯気が溢れ出した。


このままこの土日を終わらせるわけにはいかない。

こんな気分を引きずったまま、明日からの1週間を仕事なんて出来ない。

今この夕方という時間から出来る、画期的なマゾプレイはないものか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は家を飛び出し、走り出した。

行き先も解らぬまま、暗い夜の帳の中へ

嫁には縛られたくないと、逃げ込んだこの夜に

自由になれるのか

35の夜。



行ける所まで走ってやろう。

限界を越えた所に「救い」があるはずだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

距離やペースは二の次だ。

まずは「岐阜城を目指す」。この一点に目標を絞った。

岐阜城と言っても、お城まで行こうとすれば登山になってしまうから金華山の麓の「信長像」が目標だ。


妄想テーマは「緊急の書状を岐阜城のお館様に届ける足軽役」に決まった。

急いでこの書状を信長公に届けて援軍を仰がねば、城が包囲された味方は全滅必至だ。

気分は長篠城の「鳥居強右衛門(すねえもん)」だ。(マニアックすぎるか?)

いいぞ、緊迫して来た。



正直岐阜城はかなり遠い。

今までの僕の最長ランニング距離は13キロ。

岐阜城までは間違いなく13キロ以上ある。

しかも岐阜城に行くという事は、帰って来る事を考えたらすごい距離だ。

まあ無理を承知で行ける所まで行ってみよう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

長距離ランニングに対して、乳首問題も準備万端にした。

今までワセリンを塗って凌いでいたが、やはり乳首を痛める事が発覚。

ついに乳首から流血してしまった僕は、今回は最終手段「絆創膏」にトライする。


一人で鏡に向かって乳首に絆創膏を貼る姿の痛々しさよ。

横に貼るべきか縦に貼るべきかでちょっと悩んだ。

どっちがオシャレに見えるだろう。

結果縦貼りの方が若干オシャレに感じた。


そしてそんな事を考えてしまった自分がさらに情けなく思えた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

延々と走り続けて、ついに自己ベストの13キロを突破した。

自衛隊基地での疲労を引きずっている割には、中々のペースで来ている。

懸念された膝の痛みは多少出て来たとはいえ、大分強化して来たからまだまだ行けそうだ。


しかしここからは未知なる領域。

体力的には全く問題なかったが、土踏まずの部分が痛み出した。

両足とも非常に痛い。


「これだ、これこそいつもの感じだ。」


僕は快感に包まれていく。

ここから先、どんな苦痛が僕を襲うんだろうか?

期待感は高まるばかりだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

15キロ地点。

たった2キロとはいえ、やはり13キロ地点からの間に膝裏が痛くなってきた。

土踏まずも相変わらず中々の痛みだ。


しかし、僕はついに岐阜城(金華山)の信長公への拝謁に成功した。

誰もいない夜の岐阜公園で、ひとりガッツポーズ。

誰も見ていなければ、誰も褒めてはくれない。そこがまたいい。


とりあえずここで5分間ストレッチ。

さらなる戦いに向けて、膝をリストアした。


さあ、これで信長公への援軍要請は達成したぞ。

ここからは急ぎ城に引き返し、味方に援軍が来る事を伝えて鼓舞しなければならぬ。

鳥居強右衛門と化した妄想野郎は再び走り出す。

武田軍の包囲網をすり抜けて帰還する決死行が始まった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここから20キロ地点までは、ほとんどトランス状態で走っていた。

真っ暗な長良川沿いのサイクリングロードを無心で駆け抜ける。

周囲が暗いと、心と体が分離していくような感覚だ。


心の中では、なんだかどこまでも走れそうだという気分で満たされていた。

正直全く疲れていない。まだまだ行ける。


しかし体はそうはさせじと、痛みの信号を脳に送り続ける。

いよいよ膝裏の筋が痛くなって来た。

足裏にも水ぶくれ的なものが出来始める。


そろそろ限界なのか。

でもここまで来たら、ハーフマラソンの距離まであと少し。

21.0975キロまでがんばろう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

やがて僕はハーフマラソンの距離を完走した。

今朝起きた時点で、その日の夜に自分がハーフマラソンを完走するなんて露ほども思っていなかった。

全く想定外だったが、思いがけず「ひとりハーフマラソン大会」をクリアした。

およそ2時間15分。やればできるもんだ。


しかしそんなことはどうでもいい。

強右衛門になっている僕としては、なんとしてもスタート地点まで帰りたい。

家まではまだあと8キロ以上ある。

ここでリタイヤしてしまえば、お義父さんに車で迎えに来てもらう事になる。

それは申し訳ないし、何より恥ずかしい。

行ける所まで行くんだ。

ゾクゾクするわ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

25キロ地点を過ぎた。

さすがのマゾ野郎でも、やっとこさ我に返った。


僕は一体何をしているのだ?


無益な無理を重ねる愚かしさにようやく気づいた。

膝を壊しちゃ元も子もないじゃない。

痛さ的にこれ以上は走らない方がいいと、僕の中のリスクマネジメント部が信号を鳴らす。



戦いが終わった。

トータル25.44キロ。

3時間に迫ろうかという長い戦いだった。

jog2.jpg

jog.jpg


残念ながら、あと5キロを残しての敗退。

鳥居強右衛門(すねえもん)にはなれなかったか。

せいぜいスネ夫程度か。

いや、よく考えれば強右衛門もあと少しの所で武田軍に捕まってるから、妄想的にはOKか。

ちなみに強右衛門はこの時、磔(はりつけ)の刑で殺されてる。

やはり負けは負けか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

無念の中、嫁に電話した。

お義父さんに車で迎えに来てほしい旨を伝えるためだ。


しかし電話した場所が悪かった。

周りに何の目印になるようなものがなく、居場所を伝えるのにもぐもぐしていたら、

「歩いて帰って来い」「お前が悪い」「自業自得だ」「周りに迷惑をかけるな」

と、まさかのドS攻撃に晒されてしまった。


ハーフマラソン完走者の僕に送られたのは、「賛辞」でも「賞賛」でもなく「罵倒」だった。

褒められたくてやってるわけじゃないが、罵倒されるのはさらにヘビーなものだ。



僕はうなだれて、トボトボと歩き出した。

寒風吹きさらす11月末の夜が、僕の心を冷やしていく。

しだいに心だけじゃなく、体も汗が冷えて来てとても寒くなって来たぞ。

やばいぞ、このままでは風邪を引いてしまう。


しばらく歩いて、ようやく目印になる建物がある場所まで出たので再度電話をした。


「お願いします。このままでは風邪を引いてしまいます。助けて下さい。」


「分かったわ。りんちゃんに風邪うつされたら嫌だで。お義父さんに行ってもらうで平謝りしときゃーよ。」


屈辱だ。

こんな事なら無理してでも完走しておけば良かったか。

謝るならまだしも、「平謝り」という言葉がより僕に突き刺さる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は紳士服の青山の駐車場でブルブル震えながら迎えを待った。


やがてお義父さんの車が到着した。

しかし何故か嫁以外の一家全員が車に乗っているではないか。

お義父さん、お義母さんとりんたろくんだ。

なぜこんな大事になっているんだ。

恥ずかしさや情けなさが倍増じゃない。


結局僕は「すいませんでした。ご迷惑をおかけしました。面目ございません。」と平謝りして車に乗り込んだ。

こうして僕の戦いが終わった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この2日間は一体なんだったのか?

勝手にマグマを増大させ、挙げ句爆発させて体がボロボロになった。

インフルエンザの予防接種で始まったのに、最終的に風邪を引いて終わるという本末転倒な結果に終わった。


快晴だからといって、焦りすぎた結果がこれだ。

もう少し大人になろう。


怒りの休日3部作はこれにて終了だ。

前半はひたすら愚痴で、後半はただの公開マゾプレイ。

ここまで読んで下さったヒマなあなたに感謝いたします。

長々とぶちまけたおかげで、多少スッキリしました。


さあ、明日からはポジティブにマゾって行くぞ。


スポンサーサイト

プロフィール

yukon780

Author:yukon780
気の毒な男のネガティブな日常へようこそ!

カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリ

興味のあるテーマを選んでね。

Visiter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
110位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
13位
アクセスランキングを見る>>

にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプへ
にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。