スポンサーサイト

Posted by yukon780 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アラスカ珍道中4〜怪しげなゴール〜

Posted by yukon780 on 02.2011 アラスカ珍道中 0 comments 0 trackback
8/15(火)7:55

キャンプ地にて、雨のため停滞中。

IMGP0706.jpg

朝、テントの中であの嫌な音で目が覚める。雨だ。

多少弱まった所でテントを出てタープを張る。

寒いので熱いコーヒーを飲む。うまし。

ラーメンを作る。
昨日と同じでは味気ないので豚汁を入れてみた。
しかしサラミを入れたのは失敗だった。

風向きが変わり、タープの中に焚き火の煙が大量に侵入。

僕の薫製が出来上がる所だったので避難。

ずぶぬれのテントをたたむ。

チェアーの部品を失う。
昨日はデジカメのケースもなくした。

キャンプの度に何かをなくす。

ワイルドっぽさだけはなくさないように、強烈な焚き火を起こす。

IMGP0711.jpg

なかなかアートな感じで心地よい。

雨が上がらない。

どうしよう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

13:15

あれから相変わらず雨はしとしと降り続け、これはもう待ってもやむ事はないと判断し出発した。

雨の中ひたすら進む。

IMGP0715.jpg

IMGP0714.jpg

だんだんと太陽らしきものが現れて、雲の切れ間から神々しく光を差し込み出して来た。

ある入江では、絵画のように美しい光景だった。

IMGP0723.jpg

途中、2年ぶりのパノラマうんこを放ち(筆者注:360度何もないだだっ広い中州の中心でうんこすること)、開放感に浸る。

IMGP0739.jpg

とってもスッキリ。


やがて、ノースフォーク・コユクック川が合流して川幅がワイドになって、雲の形を愛でながらとても良い気分で流れてゆく。

IMGP0753.jpg

もうそんなに漕ぐ必要もなくなって来た。


途中の川原で流木が沢山あったから、巨大モニュメントを作って点火した。

IMGP0757.jpg

IMGP0761.jpg

アラスカならではのビッグな焚き火。大満足。


日が出て来たので、テントを乾かそうとカヌーから引っ張り出したら川に落とす。

意味ないじゃない。


今、そのテントを乾かしながら、崩れ行くビッグ焚き火を横にこれを記す。

雲はごんごんと流れて行く。

IMGP0767.jpg


コユクック川もやっと優しい顔をのぞかせてくれた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

14:30

崩れ落ちたビッグ焚き火の残り火で、白菜の残りとコンソメとパンと醤油を交ぜて炒めて食った。

IMGP0766.jpg

やはりパンを入れたのは明らかに失敗だった。

見た目にも美味しくないメシだった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

21:00

現在、ゴールのベツルスの川原にてこれを記す。


あれから、太陽のもと気持ちよく川を下った。

IMGP0768.jpg

IMGP0772.jpg

晴れるだけで別世界だ。

曇ればこの世の終わり、晴れれば素晴らしき世界。

人生も、雨雲の上にはいつも太陽がある事を念頭に置いて行こう。


少し風が出て来た。

荷物も軽くなって来ているので、カヌーが風の影響を受けるようになって来た。

相変わらず地図は現在地が分からない。

ワイルドリバーの合流地点でやっと現在地をつかむ。


しかし暑い。晴れるとかなり暑い。Tシャツ1枚でも良いくらいだ。

今朝は白い息を吐いていたのに、変なもんだ。


目の前で雲が大きく変化する。

同じ視界の中で、晴れと曇りと雨が同時に見て取れる。

IMGP0781.jpg

だんだん、僕の上にまたも雨雲が覆って来た。

IMGP0791.jpg


雨雲を引き連れるように漕ぎ進み、やがてベツルスの集落が見えて来た。

カヌーポートらしきものがあったが、あまりにも小さくて危険な感じだった。

そこがゴールと思い上陸。

IMGP0789.jpg

しかし、歩けども歩けども最終目的地のベツルスロッジが見えてこない。

途中、突然白い犬が出て来て本気でやられそうになる。

最初は狼が出て来たかと思い、心から凍り付いた。


引き返して再び荷物を積んで漕ぎ出す。

最初の川原に着くが、やはりロッジの場所が分からない。
とても不安になる。

このまま万が一ロッジを通り越してしまったら、2,3週間は漕ぎ続けないと人がいる場所には行き着けない。

そもそもこの先の地図もないし、食料だってないんだ。


とりあえず歩いてみると、やがて車が通った跡が見つかった。

すがる思いでその跡を辿って行ったら、とても貧相な空港が現れて、その先にベツルスロッジを発見した。

IMGP0794.jpg

IMGP0795.jpg

やっとホッとした。これで本当のゴールだ!


さっそくロッジに入る。

当たり前だが外人だらけ。

みんながキッとこちらに視線を向ける。

こんな状況、よく映画で見たシーンだな。

カウンターへ行って、全然通じない英語で事情を説明する。

明日飛行機に乗る事と、明日の朝川原までカヌーと荷物のピックアップに来てほしいという事を告げる。

解ってくれたようだが、違う感じで伝わっていないかどうかが激しく不安だ。


また来た道を歩いて川原へ戻った。

虹が現れ、鳥の大群が僕の頭上を旋回して飛んで行った。

IMGP0799.jpg

なにやらゴールを祝福されている気分だった。


しかし、蚊とハエと例のちっちゃい虫の、アラスカ迷惑トリオがまたわらわらとあふれてきた。

かなりのうっとうしさ。

しかしジャパンパワー、蚊取り線香を配置するとパタッといなくなった。

IMGP0800.jpg

すごいぞ、蚊取り線香。


テントを張って焚き火の準備をしていると、パラパラと雨が降って来た。

太陽の光が射しているから、どうしようかと迷ったがタープを張った。

とたんに大降りの雨になる。

そこからずっとタープの中に避難中。現在に至る。

多少雨も落ち着いて来たか。アラスカ迷惑トリオも顔を出し始めて来た。

さあ、メシでも作ろうか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

23:10

あれから、わずかに残った水で久しぶりに飯を炊いて中華丼を食う。

水少ないから飯が硬いがしかたない。

IMGP0803.jpg

片付けをしていると、大きな黒い犬と白い犬がやって来た。

食器やら鍋やらをひたすらになめ回す。

IMGP0805.jpg

可愛いが、正直おっかない。


さあ、明日からは娑婆の世界に戻る。

飛行機がちゃんと飛ぶのか、ピックアップはちゃんと来てくれるのか?

少々不安だ。

IMGP0802_20110602172941.jpg

スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://yukon780.blog.fc2.com/tb.php/134-550f60de

プロフィール

yukon780

Author:yukon780
気の毒な男のネガティブな日常へようこそ!

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

興味のあるテーマを選んでね。

Visiter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
72位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
アクセスランキングを見る>>

にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプへ
にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。