スポンサーサイト

Posted by yukon780 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長良疲労宴〜筆おろしの延長戦〜

Posted by yukon780 on 24.2012 長良川/岐阜 0 comments 0 trackback
11_original_20120524134637.jpg


彼の貪欲さには脱帽だ。


富士川での壮絶な日帰りカヌードラマの翌日。

あの男は早くも長良川に出没していた。


あれ程に己の体を酷使して、もはや燃え尽きたかと思われた病み上りのジャックバウワー。

しかし何度も言うが今は5月。

カヌー野郎のゴールデン期間の休日を、体力回復なぞに費やすはずが無い。


今回は嫁がエステに出かける13時までのわずかな午前中の時間を拝領することが出来た。

そのわずかな時間で、チーム・マサカズのアゴ割れMと矢作Cのド素人二人を長良川に連れて行く。

前日のドラマ「22」を遥かに凌ぐわずか4時間のスピードドラマ。

「過M死」一直線の男の休日はまだ終わらない。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

朝目覚めた僕は、異様に重たい体で起き上がる。

すごい疲労感だ。


そして、昨日の夜に見た「赤い妖精」の事を思い出す。

あれはさては夢だったんじゃないだろうか?

随分疲れていたから幻を見てしまったんじゃないだろうか?


しかし枕元にはしっかりと妊娠検査薬が置かれており、改めて赤い陽性のシャアを確認。

ああ、やはり僕は二児のパパになるのだね。


これは今後益々頑張って行かないと。

立派なお父さんにならないと。


というわけで僕は早速川に遊びに行く準備を始める。

パパは頑張って立派に川でのお勤めを果たして来るぞ。

そんな我が背中を見て立派に育てよ、子供達よ。


男は「わんぱくでもいい、たくましく育って欲しい」と渋く呟いて、家を飛び出して行った。



家を出てすぐにコンビニに立ち寄り、栄養ドリンクを買って体に流し込む。

体よ、あと少しだけ持ってくれ。

こうして僕はフラフラの体を引きずって、長良川に向けて移動して行った。


ほんと、やめときなさいよ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


曇り時々晴れの予報だったが、晴れる気配は微塵も感じない。

IMGP7982.jpg

まあ、正直あんまり晴れてもらっても「犠牲」を払う事になるから丁度いいか。


最近どうも濁った川ばっかり下ってたから、この静謐な雰囲気の清流長良川がとても優しく感じる。

IMGP7988.jpg

シーズンに向けて、鵜飼の若い船頭さんが朝練でもしてるんだろうか?

なんて絵になるんだ。


集合時間より早く来た僕は、しばしその静けさを楽しんだ。

そうそう、本来川ってのはこんな感じでゆったりと嗜むものなんですよ。

しかし残念ながら僕にはあと4時間しか時間はないんですがね。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


アゴ割れMと矢作Cと合流。

変態風工事現場男がアゴ割れMで、操り人形みたいになってるのが矢作C。

IMGP7995.jpg

二人とも川でのカヌー初体験の川童貞コンビ。

ゆえにあり合わせの格好になるので、このような変態の雰囲気が醸し出される。

IMGP7993.jpg

しかも顔に塗った日焼け留めクリームがおしろいみたいになって、よりその変態度が際立っている。

晴れ間なんて一切出そうにないのに日焼け留めクリームを塗るあたりもよく分からない。


完全にカヌーは初めてなので、僕が優しく脱童貞レクチャー。

7_original_20120524135518.jpg

川の口説き方から、デートスポットやここぞと言う時の決め文句などを伝授して行く。


そしてコンパ前の出陣記念撮影。

IMGP7996.jpg

しかし彼ら二人はまだ何も知らない。

「まずはコンパから」と思っていた彼らだが、実は僕によって強制的に「プロによる筆おろし」へと突入させられる事になる。

未体験の人にこの短時間で満足してもらうには、手っ取り早く激流に突入させるのがマゾ塚カヌースクールの指導方針だ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


何も知らずにカヌーに乗り込む現場監督。

IMGP8002.jpg

この人達はダム建設予定地の視察にでも行くつもりだろうか?

彼のヘルメットにはちゃんと血液型まで記載されている。

8_original_20120524134614.jpg

これで万が一の大出血時でも素早い輸血が可能だ。

しかし彼も立派な「大痔主」なので、もうこの時点で輸血しておいた方がいいかもしれない。


こうして彼らはプロが待つ泡の世界へとその一歩を踏み出した。

IMGP8005.jpg

僕は懐かしい気持ちで彼らを見守った。

くしくも彼らが乗るキウイ3は、僕が初めて買った相棒艇。

実は今回、これを機にアゴ割れMに贈呈する運びとなった。


僕同様、このカヌーで彼らもまた新たな歴史を刻んで行くんだろうな。


まあ、このカヌー。

穴空いてるんだけどね。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


やがて魚道の瀬が見えて来た。

IMGP8014.jpg

突然こんなお店に連れて来られて、アゴ割れMもこの表情だ。

IMGP8011_20120524135432.jpg

どうやら想像以上の「現場」だったようだ。

しかもこの日は渇水気味で、いつもある「チキンコース」が全く下れない状態。

必然的に、行くならこの「男前コース」のみ。

そう簡単には大人にはなれないんだぞ。


まずは僕がお手本を見せる。

入店は颯爽と男らしく。オドオドしてはいけない。

13_original_20120524134756.jpg

とにかく大切な事は「笑顔」だ。

14_original.jpg

はやる気持ちは分かるが、ここはグッとこらえてお互いに会話を弾ませよう。

万が一相手が知り合いだった場合は、このように顔を隠す方法もいいだろう。

16_original_20120524134842.jpg

この先は心をフリーに解き放つのみだ。

23_original_20120524134941.jpg

こうして僕は彼らに道を示した。

何も恐れる事は無い。

思いっきりその身を委ねて来るんだ。

全てお任せすればいいのだよ。



こうしてプロの瀬に強制突入させられる事になった川童貞の二人。

早速彼らは僕の教えを破り、まったくのノースマイルでのご入店だ。

28_original_20120524135002.jpg

あれ程オドオドするなと言ったのに、パドルをばたつかせる現場の男と後ろでフリーズする男。

29_original_20120524135018.jpg

言わんこっちゃない。

泡だらけじゃないか。

30_original_20120524135047.jpg

そして彼らは観念して大人しく川にその身を委ねた。

そしてお店から出て来た時の、彼らの突き抜けた姿がこれだ。

31_original_20120524135106.jpg

32_original_20120524135124.jpg

よかったなあ。

これで君たちはもう立派な大人だぞ。

僕も役目を果たせてホッとしているよ。

今後は自信を持って生きてゆけよ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


すっかり激流にはまってしまった彼らは、その後も次々とお店をハシゴして行く。

IMGP8025.jpg

誰しもが通る猿の惑星。

いい加減にしとかないとお小遣いが無くなっちゃうぜ。


僕はもう瀬はお腹いっぱいなので、のんびりと彼らの蛮行を見守った。

34_original_20120524135133.jpg

正確に言えば、もう僕にはあまり体力が残されていなかった。

栄養ドリンク程度では回復するはずも無い疲労が僕を蝕んでいた。


そしてここは自分で選んでおきながらも、午前中だけで下りきれるわけが無い7キロほどの長いコース。

後半のトロ場は僕にはまさに拷問だった。

IMGP8024.jpg

もはやこれは部活動だ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


そして、無事に我々はゴールした。

水抜きをするアゴ割れMは、まるでずっとここにあるオブジェのようだ。

36_original_20120524135149.jpg

まるで「人という字は支えあって出来ているんだよ」と語りかけて来るようではないか。

遠目で見ると、何やら前衛的なアートに見えるから不思議だ。

37_original_20120524135202.jpg

やはり一皮むけた男は、その雰囲気すら逞しく見えるものだ。


一方で矢作Cは素人らしいミスを犯す。

川童貞を失った感動から、ついにおもらしをしてしまったのだ。

IMGP8029.jpg

IMGP8028.jpg

これは素人が犯しやすい「乾いたと思ったパンツの上からズボンを履いて大惨事」の一コマだ。

いい大人がこの姿でうろつけば、たちまち方々から黄色い悲鳴が上がるだろう。

君たちはまだ所詮「素人童貞」だという事を忘れるな。

浮かれるんじゃない。


と言ってる自分が一番やばいことになっていた。

この時点で13:30。

見事にタイムリミットオーバー。

三人の中で最も余裕が無かったのは自分でした。



こうして男は一目散に帰宅して行った。

そしてこの二日間ですっかり汚れて、全く新車の面影が無くなった車の洗車指令を食らう。

午後からは失いそうになる意識を必死でつなぎ止めながら、りんたろくんの面倒を見ながらの洗車プレイ。

人生で一番ハードな洗車となる。


後に彼は呟いた。

「本気で疲労で死ぬかと思った」と。

そして翌日は原因不明の頭痛と倦怠感に支配され、男は軽く嘔吐することとなった。

もちろん、洗車後の車に雨が降った事は言うまでもない。


しかし何度も繰り返すが今は5月。

まだ最後の週末が残っている。


男の無理が止まらない。

スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://yukon780.blog.fc2.com/tb.php/379-2692f35d

プロフィール

yukon780

Author:yukon780
気の毒な男のネガティブな日常へようこそ!

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

興味のあるテーマを選んでね。

Visiter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
93位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>

にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプへ
にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。