スポンサーサイト

Posted by yukon780 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カマーホリック2014〜冬の私のムチウチブギウギ〜

Posted by yukon780 on 16.2014 ◉日々のツレヅレ 4 comments 0 trackback
夏の野外フェスと言えばサマーソニック。

しかし冬にもそのような野外フェスがある事をご存知だろうか?


そのフェスの名は「カマーホリック」。

それは神に選ばれたたった一人の観客の為に行われる野外フェス。

しかもその時は突然やって来る。

本人が望んでいなくても、何の前触れもなくやって来るのである。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


何の変哲もない平日の朝。

会社に向けての長い車通勤。

僕はいつものように、退屈しのぎのDVDを観ていた。


その日は映画「闇金ウシジマくんpart2」をチョイス。

運転中はあまり画面を見れないから、この手の動きの少ないお気楽な映画を観る事が多い。


やがて赤信号で停車。

ちょうど画面には大久保佳代子が登場。


その時である。

突然「カマーホリック2014」が開催されたのである。

まさに何の前触れもなく。


大久保佳代子が若いホストに対して「女に夢を見せるのがホストの仕事だろうが!」と啖呵を切ったその瞬間。

突然「ズガッーン!」という猛烈な衝撃。

そしてさらに「ズゴンッ!」と二度目の衝撃。


何が起きたのか理解できない。

一瞬、4DX映画(映画館の座席が作品中のシーンとリンクして前後上下左右へ稼働するやつ)かと思ってしまったが、まさか闇金ウシジマくんpart2でそれはありえない。

当然エクストレイルにそんな機能は搭載されてないし、大久保佳代子もそこまで衝撃的な発言をしたわけでもない。


そう、その二度の衝撃音こそカマーホリック2014の開催を告げる大花火。

僕はついに念願だったカマーホリックへの入場資格、「カマーホラレー」の称号を手に入れたのだ。



僕は感動のあまりプルプル震えながら特設ビジョン(バックミラー)を見る。

そこに映し出されていたのは、このフェスのトップバッターを飾るミュージシャン。

彗星のごとく現れたその女性アーティストの名は「KCJ」。

またの名を「軽自動車に乗った中年女性」。

彼女が二度も花火を上げてしまったのは、一発目でビックリしてブレーキと間違えてもう一回アクセル踏んじゃったからである。


僕は興奮のあまりKCJに駆け寄る。

KCJもフェスのトップバッターを任されて緊張しているのかプルプル震えている。

僕は「とりあえずそこのミニストップの駐車場へ移動しましょう...」と言うのが精一杯。

KCJもそんなたった一人の観客の要望に応えてくれてミニストップへ。


やがてそのミニストップの駐車場が突如ウッドウトックを彷彿とさせる野外フェス会場へ変貌。

KCJが自身のヒット曲「I'm Sorry」を連呼熱唱する中、他のアーティストも乱入。

往年のファンにはたまらない「THE POLICE」の登場だ。


THE POLICEは僕に対し、「姉妹バンドのThe Ambulance(日本名:救急車)も登場させるか?」と聞いて来た。

その時実はちょっとだけ手足が痺れ始めていたが、フェスの興奮のせいだと思って断ってしまった。

なんかあんま大げさにしたくなかったんだね。


やがてTHE POLICEは散々名曲を演奏し、曲(手続き)が終わるとさっさと去って行ってしまった。

やがてKCJも何度も同じ曲「I'm Sorry」を歌い続け、フェス開催者(保険会社)とのやり取りの後で帰って行った。


やがてカマーホリック2014ミニストップ会場に静寂が訪れる。

本当はここから自力で運転(バンパーとリアハッチが凹んだだけだから自走できる)して、病院に行かねばならない。

しかしここに来て急にクラクラとよろける体。

まるで酔っぱらったみたいな状態で、次第に立ってられないくらいにヘロヘロに。

こんな状態で運転してしまっては第二のカマーホリックが開催されてしまう。


こんな事ならおとなしくThe Ambulanceの登場をお願いすれば良かった。

こうなったら仕方がない。

養子オーディエンスとしては心が痛いが、我家会場にいるベテランデュオ「TheGORYOUSHIN」に頼る事に。

なんとかこのミニストップ会場に迎えに来てもらい、病院まで送ってもらうのだ。


しかし、電話で助けを求めてから1時間経ってもTheGORYOUSHINが登場しない。

いよいよ僕の意識はフワフワと気持ちよくなって、車の中で横になっているのが精一杯。


こんなつらい時は、やはり極上のDIVA(歌姫)の歌声が聴きたくなるというもの。

僕は愛する嫁に電話をかけ、今自分がカマーホリックに巻き込まれて大変だということを説明する。

さすがの嫁もこんな状態の僕になら優しい言葉をかけてくれるはずだ。

僕が「なんか今、頭がフラフラして物事をちゃんと考えられないんだよね。頭が空っぽになったみたいだ。」と言うと、彼女は何の感情もない感じでこう言ってくれた。

「そんなもん、いつも通りだがね」と。


僕は思わず「WAO!」と言ってしまった。

リアルにそう言ってしまった。

さすがはカマーホリックに選ばれしDIVA。

たった一言で観客のハートを鷲掴み。

そして彼女はその一言を歌い上げると、颯爽と会場(電話)から去って行った。


再び車の中に蘇る静寂。

そして時折漏れる「う...ううむ」という僕の喘ぎ声。


というかなぜ私はこんな目に遭っているのだ?

なぜカマ掘られた上で嫁にアホ呼ばわりされているんだ?

というかTheGORYOUSHINは一体いつになったら到着するんだ?

この通勤時間の平日の朝、なぜ私はミニストップでハードにロングストップかましているんだ?


そもそもなんで「家と会社の中間」という、どっちに助けを求めても時間がかかるこの場所なのか?

それを言えば最近遅刻が多かったからと言って、何故いつもより早く家を出て来てしまったのか?

こんな事ならいつも通り遅刻してりゃ良かったのに...

そしていつもこのミニストップの手前のファミマでコーヒーを買うのに、なぜ今日に限って何となく寄らなかったんだ...

さらにTSUTAYAで5本DVDレンタルして来て、このウシジマくんがまだ1本目だったんだぞ...

家じゃ観れないから、ほぼ全部観ずにもう返さなきゃならんじゃないか...

1000円払って大久保佳代子しか観てないぞ...

そもそもなぜこんな日に限ってこんなに大快晴なんだ...


いや...ひょっとしたらここで僕がカマーホリックに招待されてなかったら他の人が犠牲になっていたかもしれない...

なんなら誰か他の人の命を救ったのかもしれないぞ...

その死ぬはずだった人が、将来りんたろくんのお嫁さんになって僕の孫を10人くらい生む人だったかもしれない...

そう考えると僕は今11人くらいの未来を守ったのだ...


なんだか眠たくなって来た


頭も朦朧として来た


あれ?


そこにいるのは健さんかい?

文太さんもいるのかい?


会いたかったんだア


嬉しいなア...




なんて感じで死の縁でダイブかまそうとしていた時、やっとこさTheGORYOUSHINが到着。

普段あまり外出しないTheGORYOUSHINは、どうやらカーナビをちゃんと操作できずに激しく道に迷ったらしい。

それが偶然なのか、確信的だったかは今となっては分からない。


しかしこれで僕はやっと近くの第二会場(病院)に搬送され、人気ロックバンド「CTscan&X-Ray」のステージを堪能。

彼らは名曲「頭部打撲」と「頸椎捻挫」を歌い上げ、それをCD(診断書)に録音して渡してくれた。

そして最後にヒットバラード「酒と運動は控えめに」を歌い終えると、もう帰っていいと言って来た。


その後は次第に頭痛・手足の痺れもおさまって、僕は自力で車を運転して帰宅。

なんてひどいフェスだったんだろうか?


しかしフェスは終わらない。

その週末、新たなフェス会場が私を待っているのだ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


土曜日。

僕は新たなカマーホリックの野外会場に到着していた。

そこは常夏のフロリダ州マイアミ会場。

IMG_6139.jpg

この会場ではカマーホリック2014兼、チーム・マサカズ忘年会が開催されるのだ。


さすがはアウトドア集団チーム・マサカズ。

例え忘年会だろうとヌクヌクとしたインドアには目もくれない。

この日初雪が降った名古屋の街中だろうと、そこはあえて根性の極寒ビアガーデン。

パパラッチKは普通にダウンを着込み、矢作Cに至ってはベテラン韓国人ラッパーのような出立ちで気合い十分。

IMG_6140.jpg

彼らは例え忘年会だろうと浮かれる事なくマゾ道一直線。

明らかに忘年会会場としてのミスチョイス感が否めないが、それでも歯を食いしばって寒さと戦うメンバー達。

もうその姿は炊き出しを待つ年末失業者的ビジュアル。

IMG_6154.jpg

それでも彼らは男らしく今後の山行に対してアツく語る事をやめようとしない。

しかしである。

そんな状態の彼らの前に、ついにカマーホリックの目玉アーティストが光臨。

このビアガーデン・マイアミが誇るトップアイドル「マイちゃんアミちゃん」のご登場だ。

IMG_6165.jpg

マイちゃんアミちゃんと言いながら何故か4人いるが気にしない。

彼女達は我々の会話を引き裂くように突然ライブを開始。

そのあまりの轟音にとてもじゃないが落ち着いて飲んで語り合う事なんて無理なのである。


大人の渋みが漂うチーム・マサカズメンバーとしては「チッ、うるさくて飲めねえじゃねえか」と愚痴がこぼれ始める。

いくら突発的な野外フェスだからと言って、あまりにも客に対して失礼ではないか。

それでも我々はグッとこらえ、静かに酒を飲みながら今後の政治経済について語り合った。

そのストイックな模様がこれである。



後生に語り継がれるこの「マイアミの悲劇」。

皆会社ではそれなりの責任を負い、立派に子供もいるメンバー達のご乱心。

ビビるSに至っては、その膨張した顔に笑顔を溜めて渾身のアンパンチ。

IMG_6145.jpg

そしてアゴ割れMは、はしゃぎすぎて古傷を痛め、

IMG_6162.jpg

小木Kに至ってはもはや原型すらとどめていない。

IMG_6158.jpg

恐るべし、マイちゃんアミちゃんのライブ能力。

さすがはカマーホリックの大取りである。


そしてここで改めて書いておこう。

やたらと激しく飛んだり踊ったりしているが、私は絶賛むち打ち中だったという事を。

「酒と運動は控えめに」と言われた3日後の出来事だという事を。



これがいけなかったのか。

事故から1週間。

僕は常時軽い頭痛を味わい、時折吐き気を催している。

見事なまでの分かり易いむち打ち症状。

これがカマを掘られた時が原因なのか、それともマイアミの悲劇が原因なのかは分からない。

とりあえず私は今せっせと接骨院に通っている。


そしてこのカマーホリックのおかげで、ここまで粘り強く交渉を続けて来た12月の雪山登山は全て却下を食らう事に。

車の修理も来年まで戻って来ない。

ちょっとバンパーとリアハッチが凹んだだけなのに、修理代57万円という驚きの見積もり。

まあ払うのは相手の保険会社だから良いけど、日産も中々やるじゃない。


はっきり言ってカマーホリックの観客に選ばれて何も良い事はない。

自分と相手の保険会社とのやり取りや書類の整理、そして接骨院と整形外科の通院の日々。

通院で帰宅が遅れて子供の面倒が見れずにお義母さんにも迷惑をかける。

そして当然代車ではDVD観れないから、長い通勤時間が苦痛で苦痛で。

挙げ句雨が降るとこめかみが痛み出し、なんか首の座りの居心地も悪くて常に気持ち悪い感覚。

もう日々エレカシの宮本みたいに頭をわしわししている状態だ。



まあでもこういう事でもない限り僕は大人しく家にいられない男だから、何気にちょうど良かったのかもしれない。

ここらでちゃんと家族と向き合って、「お父さん大好き!」「旦那様、素敵!」と言わせるチャンスが到来したと思っておこう。


さあ、ここらで腰を据えて家族へのクリスマスプレゼントでも買ってやるか。

まずはネットでどんなものが喜ばれるか見てみよう。

どれどれ...

xmas.png

さあ、何にしようかな...。





数十分後。




パソコンの画面はこんな事になっていた。

nimo.png

ev.png

rab.png

なんだ、なんだ?

一体何が起こっているんだ?

iPhoneに至っては大氾濫じゃないか。

IMG_6177.png

おかしいな。

一体どこからこうなってしまったのだろうか?


そう。

これが大人しくしてる時に突如食らってしまうという「物欲カマ掘り」。

信号待ちしてるかのように遊びを立ち止まった際、突如Web画面から追突して来るという厄介な事故。


動けないなりにやるべき事は山ほどある。

4シーズンテント、大型ザック、ヘルメット、スコップetc...

来年からの雪山に向けて、買いそろえていかんといかんのです。



しかしもっと他にやるべき事があるはず。

もっと大切なやるべき事があるだろう。


やはりダメな男はどこまで行ってもダメなのである。

基本的に大人しくはなれないようだ。


とりあえず今はむち打ちで済んでいる。

しかし嫁からのリアルなムチ打ち刑の執行。


その時はそう遠い先の話ではないだろう。





カマーホリック2014〜冬の私のムチウチブギウギ〜  完



スポンサーサイト

▶ Comment

以前1度だけコメントしたけど名前を変えたので初めましてのtmt8genです。
これまでに2度カマーホラレーになった僕から言わせてもらうと、むち打ちを甘くみてはいけません。きっちり治さないと後遺症が残りますよ!
時間がある時はとにかく接骨院に通ってください。無かったら作ってでも通ってください。そうすれば元どおりの身体を手にいれることができるでしょう。そしてテントも手に入れることができるでしょう。
信じてください。アーメン。
2014.12.20 21:11 | URL | tmt8gen #- [edit]
それでは改めまして、はじめましてtmt8genさん!

むち打ちアドバイスありがとうございます。
2度もカマーホリックの観客に選ばれたとは中々でございます。

もちろんこんな感じにコミカルに書いてますが、やる事はきっちりやってます。
現在整形と接骨院を併用して、ほぼ毎日通院しております。
実際何とも言えない不快感や頭痛が続いてますんで、しっかり治療していきますよ。

相手方の保険会社の言いなりにはなりたくなかったんで、自分の弁護士費用特約発動して先日弁護士さんとも契約して来ました。
ブログ上で書くとやらしくなりそうだったからあまり書きませんでしたが、結構な精神的苦痛を味わってるからちゃんとその辺はシビアに行きます。

そして完治したときのため。
私は物欲カマ掘りの追突を受け続けるでしょう。

元通りの体と新しいギア。
私は信じます。
アーメン。
2014.12.21 08:49 | URL | yukon780 #- [edit]
それを聞いて安心しました。さすがの対応でございます。

僕のカマーホリックですが1度は出演してロックンロール(横転)を奏でております。その時はけっこうな額の出演料をいただきました。笑

とにかく完治するまではゆっくり休んでくださいね。子育てとドS嫁は大変かと思いますがお互い頑張りましょう。
2014.12.22 11:46 | URL | tmt8gen #- [edit]
まさかのロックンロールからの客席ダイブ。
相当盛り上がったカマーホリックだったようですね。
正直このフェスは実質損失額もそうですが、精神的な負担(めんどくささ、気持ち悪さ、遊びに行けなさ、鬼嫁)がハンパ無いんでそれ相応の出演料いただかないとやってられません。
まあ、ゆっくりできるかどうかは自信ないですが、しばらくは地下に潜ってWEB放浪。
そしてしっかり完治して、晴れ晴れと野に解き放たれます!
2014.12.22 21:21 | URL | yukon780 #- [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://yukon780.blog.fc2.com/tb.php/655-f4fe7043

プロフィール

yukon780

Author:yukon780
気の毒な男のネガティブな日常へようこそ!

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

興味のあるテーマを選んでね。

Visiter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
107位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>

にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプへ
にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。